『この世界の片隅に』別バージョン12月公開!30分の新規シーン追加

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』ティザービジュアル - (C)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 2016年11月に公開されロングランヒットを記録したアニメーション映画『この世界の片隅に』に、約30分の新カットを追加した別バージョンが、『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のタイトルで今年12月より公開される。

【動画】新規場面約30分追加!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』特報

 こうの史代の漫画に基づく『この世界の片隅に』は、昭和19(1944)年、広島県呉に嫁いだすずが、夫・周作とその家族と共に戦禍にのまれていく物語。すずの声をのんが担当し、『マイマイ新子と千年の魔法』(2009)などの片渕須直がメガホンを取った。200万人を動員し、ソフトの発売や配信を経た今もなお、600日以上にわたって上映されており、7月15日よりTBS系日曜劇場枠で松本穂香主演の実写ドラマが放送中だ。

[PR]

 新たに追加されたのは、すずが嫁ぎ先の町で出逢う同世代の女性リンとの交流を描いた昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソード、妹すみを案じながら迎える20年9月の枕崎台風のシーンなど。新たな登場人物や、これまでに登場した人物の別の側面なども描かれるという。

 片渕監督自ら制作した特報映像では、コトリンゴが歌う「悲しくてやりきれない」の歌に乗せ、指につけた紅でリンの横顔が描かれていく様子が見られる。

 なお、『この世界の片隅に』は今夏も全国各地で再上映が実施され、東京・大阪・神戸・広島・呉で、のんと片渕監督による舞台挨拶を予定している。

 片渕監督のコメントは以下の通り。(編集部・石井百合子)

<片渕須直監督コメント>

戦争しおってもセミは鳴く。ちょうちょも飛ぶ。そして、人には人生がある。
それが戦争中であっても。明るくぼーっとした人のように見えるすずさんが自分以外の「世界の片隅」と巡り合うとき、すずさんの中にはどんな変化が生まれるのでしょうか。
すずさんの中にあったほんとうのものを見つけてください。

映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』は12月よりテアトル新宿、ユーロスペースほかにて全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]