女優・菅井きんさん死去 92歳 「家なき子」「必殺」シリーズなど

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
菅井きんさんご冥福をお祈りいたします(所属事務所提供)

 ドラマ「必殺」シリーズや映画『お葬式』などで知られる女優の菅井きん(本名・佐藤キミ子)さんが、10日の午後2時に心不全のため亡くなった。享年92歳。所属事務所が23日に書面を通じて発表した。通夜密葬は近親者にて済ませ、偲ぶ会などを催す予定はないという。

【画像】82歳にして映画初主演『ぼくのおばあちゃん』場面写真

 菅井さんは1926年2月28日生まれで東京都出身。1946年に東京芸術劇場研究所に入所、翌1947年に初舞台を踏み、劇団解散後は俳優座に移籍。1950年には『風にそよぐ葦』で映画デビューを果たした。

[PR]

 1959年に俳優座を退団した後も、名バイプレーヤーとして活躍。特に1973年からのドラマ「必殺」シリーズでは、藤田まことさんが演じた中村主水をいびる姑・中村せん役でお茶の間に広く知られた。

 伊丹十三監督の『お葬式』(1984)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、報知映画賞助演女優賞を受賞。黒澤明監督の『生きる』(1952)、『悪い奴ほどよく眠る』(1960)、『赤ひげ』(1965)、『どですかでん』(1970)や、本多猪四郎監督の『ゴジラ』(1954)、野村芳太郎監督の『砂の器』(1974)など、日本映画を代表する作品に数多く出演している。

 1994年には、安達祐実主演のドラマ「家なき子」における“鬼婆演技”が話題に。年齢を重ねても精力的に活動し、2008年公開の映画『ぼくのおばあちゃん』では初主演を務め、世界最高齢映画主演女優としてギネス記録に認定された。最後の出演はNHK大河ドラマ「龍馬伝」の武市智役となった。1990年に紫綬褒章、1996年に勲四等宝冠章受賞。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]