ゴジラが星座に!NASAが日本の怪獣史上初認定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
星座をかたちづくるガンマ線天体 - NASA提供 TM&(C) TOHO CO., LTD.

 日本の怪獣として初めて、ゴジラが星座に認定されたことが明らかになった。

ゴジラVSギドラ!『GODZILLA 星を喰う者』本予告編

 今回、新たに星座として「ゴジラ」を認定したのは、米航空宇宙局(NASA)と世界の研究機関からなる「フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡」研究チーム。選定の理由は、チームの研究対象である高エネルギー天体(ブラックホールなど)の周囲で発生しているガンマ線粒子がジェット状に光を放つ「ガンマ線バースト」と呼ばれる現象と、ゴジラが放つ放射熱線とが類似しているためだという。

[PR]

ゴジラ座のイメージ - NASA提供 TM&(C) TOHO CO., LTD.

 また、ゴジラのほかにも「超人ハルク」「星の王子さま」など宇宙やSFに関連があるキャラクター22の星座が誕生した。これらの星座は「フェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡」を搭載した観測衛星の打ち上げ10周年と、人間の肉眼で見える星の数に匹敵する3,000以上の天体を発見したことを記念して認定されている(なお、オリオン座、カシオペヤ座など、一般的に知られている88の星座を定義しているのは、別組織である国際天文学連合)。

 1954年の第1作が公開されてから64年、これまでに国内で29作品が製作され、2016年の『シン・ゴジラ』でシリーズ累計観客動員数は1億人を突破するなど、高い人気を集めてきたゴジラ。11月3日には「ゴジラの日」を迎え、生誕を祝うフェスイベント「ゴジラ・フェス2018」が開催される。アニメーション映画シリーズ最終章となる『GODZILLA 星を喰う者』も11月9日に公開を控えている。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]