まるで別人!杉咲花、役づくりで見せるプロ根性

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
本作での役づくりとは… - (C) 2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

 ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」では元お嬢様の貧乏女子高生、映画『BLEACH』では死神、新ドラマ「ハケン占い師アタル」では異様な見た目の主人公と、どんな役にもなり切って見せる女優・杉咲花。映画『十二人の死にたい子どもたち』(1月25日公開)では、腰までの黒髪ロングヘアで黒い衣装に身を包んだミステリアスな少女を熱演した。本作では、初めての役づくりに挑戦したという。

イメージ違う!黒髪ロングの杉咲花【写真】

 十二人の未成年が集まり、それぞれの理由で自死を望むショッキングな内容のサスペンス『十二人の死にたい子どもたち』。杉咲演じるアンリは「自分は生まれてこない方がよかった」という思いを胸に抱える一方で、周りの子どもたちを翻ろうするカリスマ性もある。

[PR]

 杉咲は「頭がよくて、誰も口答えできないような強さを持った人。でも実はどこか抜けているというか、ツッコミ甲斐もあるキャラクターなんです。そういったところは人間味があって、完璧じゃないからこそ共感できました。やっかいな女の子というのでしょうか。どこまで煙たがられるお芝居ができるかなと楽しみでした」といたずらっぽくほほ笑む。

アンリにふんした杉咲花 - (C) 2019「十二人の死にたい子どもたち」製作委員会

 十二人は安楽死に向けて意見を統一する必要がある。そのために議論が繰り返されるが、杉咲自身は黙っていられない性分だという。「みんなの意見を聞いて、まとめたりすると思う」と分析するほど、実は正義感が強く物おじしないタイプだ。そんな彼女に今回の現場は試練だったに違いない。というのも、共演者をふくめ周囲の誰ともほとんど口をきかなかったというのだ。

 「アンリになる際、メイクをして長い髪をつけてもらうと、何かに覆われていて、自分で自分を守っているような気持ちになるんです。隙を見せないぞとギアが入った感覚になりました。こういう作品で、たった1日の話ということもあり、みんなとは話さないようにしていました。これだけ同世代が集まるといろんなことを話したいし、仲良くもなれると思うんです。でも、慣れてしまうのが怖かった。アンリは最後の最後まで素性がわからない。だから、みんなとの会話はあいさつだけにして、カメラが回っていないところでも離れて座るようにしていました」

[PR]

 初めて連ドラ主演を果たした「花のち晴れ」では、同年代の役者たちとの仕事がこんなにも楽しいものかと知った。それでも本作ではプロに徹し、あえて自分を追い込んだ。「自分自身もどういう風に現場にいて、どうやって演じるのがベストなのかというのをまだつかめていなくて、ずっと探っている状態なんです。今回初めて試してみましたがアンリ役には最適だったと思います」と打ち明ける。

 『BLEACH』の福士蒼汰や『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の岩田剛典など、共演者からは「まさにプロフェッショナル」と認められる杉咲。それでいて、「現場にいるときはみんながどんどん仲良くなる姿を目の当たりにして、“まざりたい。しゃべりたい”という気持ちと常に戦っていました。クランクアップした瞬間みんなに話しかけて、全然仲良くできなかったのにハグまでしちゃいました(笑)」と少女らしい一面ものぞかせた。

 プロ意識の高い彼女も顔負けだったのが今作で共演した新田真剣佑だ。「直前までずっとゲームをしているのに、撮影が始まって『用意、ハイ』でもう涙を流している。しかも何回やっても、すごい熱量でお芝居をされるので、スイッチの切り替えはどうなっているんだろうと不思議でした。私には全然考えられないやり方です」と目を見開く。彼女は対照的に台本を読んだ時から、大事なシーンの撮影はいつなのだろうかと気になってしまい、スケジュールを確認するほど神経質になるらしい。

[PR]

 「すばらしいお芝居をされたり、素敵な作品に出ている方はうらやましいし、悔しくもなります。それは同世代に限らず、性別も問わず、誰に対しても嫉妬はあります」と吐露する杉咲。しかし、さまざまな作品でまるで違う印象を残す彼女こそがいま、嫉妬される対象なのではないだろうか。

 「2018年は本当に楽しかったです。初めて連続ドラマの主演をさせてもらって、大好きな現場にこれまでになく、ずっといられたことがすごくうれしかった。仕事をしている時間がとても好きなので、休みが欲しいとは思いません」と語るが、そんな仕事熱心な彼女にちょっとした心境の変化が現れつつある。

 「いままでは仕事の話が一番楽しくて、仕事の話しか興味ないくらい人のお芝居の話を聞くのが好きだったんですが、最近は昨日見た夢の話とか、そういう話をしている時間もすごく楽しいと感じる自分もいます。この作品もそうですが、同世代の皆さんとの共演で仲間がたくさん増えたので、2019年はプライベートも充実させたいです」

 新しい杉咲花が生まれそうな予感の2019年が幕を開ける。(取材・文:高山亜紀)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]