マーベル・シネマティック・ユニバースは2018年も熱かった!重大ニュース10選

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
2019年は、MCUにとってどんな年になるのでしょうか? - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 『ブラックパンサー』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の記録的ヒット、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督の降板劇、生涯をアメコミに捧げた巨匠の死など、2018年はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)にとって激動の年となりました。10周年を迎えたMCUの重大ニュースを10の出来事で振り返ります。(編集部・倉本拓弥)

【動画】公開まで残り4か月!映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』予告編

祝!マーベル・シネマティック・ユニバース10周年

 2018年は、MCUにとって10周年のアニバーサリーイヤーでもありました。2008年公開の映画『アイアンマン』から始まったMCU作品は、今年8月公開の『アントマン&ワスプ』で20本に到達。今年2月には、歴代MCU俳優・監督らが集結し、豪華な集合写真を撮影。その様子は動画などでも公開され、ビッグイヤーを盛大に祝福しました。

[PR]

『ブラックパンサー』全米累計興収が歴代3位に

 今年2月に全米公開された『ブラックパンサー』。MCU初となる黒人ヒーローの単独映画であり、超文明国ワカンダの若き王子の葛藤と活躍をスタイリッシュなアクションとドラマを交えて活写。全米累計興行収入は7億5万9,566ドル(約770億円)を記録し、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『アバター』に次ぐ歴代3位という偉業を達成しました。第76回ゴールデン・グローブ賞にも作品賞含む3部門でノミネートされており、今年最も影響力があったマーベル作品といっても過言ではありません。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』ついに公開!

 4月には、MCUの集大成ともいえる映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が公開。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、スパイダーマン、ドクター・ストレンジなどが新たに加わったアベンジャーズが、最強の敵サノスと死闘を繰り広げました。衝撃のラストに、世界中が驚愕したことも記憶に新しいです。アベンジャーズがこの先どうなってしまうのか、来年公開の第4弾に期待です。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』2019年公開決定!

 トム・ホランドがスパイダーマンを熱演した『スパイダーマン:ホームカミング』続編が、2019年に日本公開されることも決定しました。続編は、ニューヨークを飛び出した主人公ピーターの夏休みが描かれると言われています。MCUでお馴染みのニック・フューリーとマリア・ヒルの登場もうわさされており、スパイダーマンとどのように絡むのか気になるところです。

『アントマン&ワスプ』公開!ポール・ラッド&エヴァンジェリン・リリーが来日

 8月には、体長1.5センチになれる特殊なスーツを着用したヒーロー・アントマンがカムバック。続編ではアントマンだけでなく、彼の相棒ワスプも大活躍。ユーモア溢れるストーリーと、アントマンとワスプによるコンビネーション技も話題となりました。公開に合わせて、主演のポール・ラッド、ヒロインのエヴァンジェリン・リリーペイトン・リード監督が来日し、日本のファンと交流を深めたことも印象的です。

ジェームズ・ガン『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾監督から降板

 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手掛けたジェームズ・ガン監督が2018年9月、過去の不適切なツイートが問題となり第3弾の監督から電撃降板。主要キャストがガン監督の再雇用を求めるなど、異例の事態となりました。現在、第3弾の制作は棚上げ状態。シリーズの今後が心配です……。

『キャプテン・マーベル』映像が初公開!

 マーベル・スタジオ初の単独女性ヒーロー映画となる『キャプテン・マーベル』の予告編が9月に初公開。エイリアンのDNAを注入され、スーパーパワーを得た空軍パイロットのキャロル・ダンバース=キャプテン・マーベルの活躍を描く本作には、若かりし頃のニック・フューリーやフィル・コールソンが登場予定です。キャプテン・マーベルは、来たる『アベンジャーズ』第4弾で重要な役割を果たすとも言われており、2019年注目のマーベルヒーローとして期待されています。

アメコミ界の巨匠、スタン・リー逝く

 MCUだけでなく、映画業界に衝撃を与えたのが、アメコミ界の巨匠スタン・リーさんの訃報です。現地時間11月12日に95歳で亡くなったスタンさんは、共同創作者としてスパイダーマン、アイアンマン、X-MENを世に送り出すなど、生涯をコミックに捧げました。またスタンさんは、マーベル映画にカメオ出演することでも知られており、様々な形でファンを楽しませてくれました。今年12月に開催された「東京コミコン2018」では記念モニュメントが設置されるなど、世界中のファンも彼を追悼。スタンさんの功績は、今後も語り継がれていくことでしょう。

ロキ、ウィンターソルジャーらが主人公となる新作ドラマ制作へ!

 11月、ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOのボブ・アイガーは、マーベルスタジオが2019年に米ディズニーが立ち上げ予定の新ストリーミングサービスで、ロキを主人公にしたドラマシリーズの企画開発を行っていることを認めました。トム・ヒドルストンが主演となり、The Wrap などによると、ドラマは各6~8話で構成されるとのこと。さらに、スカーレット・ウィッチ、ウィンター・ソルジャー&ファルコンが活躍するドラマシリーズが企画されていることも報じられており、2019年はドラマでもMCUヒーローの活躍が観られるかもしれません。

アベンジャーズ第4弾、タイトルは『エンドゲーム』!

 これまで一切の情報が明かされていなかった『アベンジャーズ』第4弾のタイトルが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に正式決定。待望の予告編では、前作に登場しなかった、ホークアイとアントマンの姿も。タイトルの"エンドゲーム”が何を意味しているのか、全ての答えが明かされるのは来年4月26日です。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]