テレ東の深夜ドラマが充実!共通点は?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「フルーツ宅配便」より - (C)鈴木良雄・小学館/「フルーツ宅配便」製作委員会

 「モテキ」「孤独のグルメ」など数々の深夜ドラマの名作を生んできたテレビ東京。今年1月クールも、「デザイナー 渋井直人の休日」(毎週木曜深夜1時~)、「日本ボロ宿紀行」(毎週金曜深夜0時52分~)「フルーツ宅配便」(毎週金曜深夜0時12分~)など充実のラインナップ。3作品の面白さについて、いくつかの共通点と共に分析してみた。

【写真】今夜放送!「渋井直人の休日」第3話にはアノ女優が登場

 3作品はいずれも原作があり、映画監督が監督、演出に名を連ねており、一話完結型ならではの見やすさがあある。「渋井直人」は、コラムニスト、漫画家・渋谷直角の漫画が原作で、『マザーウォーター』『東京オアシス』などを手掛けてきた松本佳奈監督が参加。「日本ボロ宿紀行」は、上明戸聡のブログを書籍化した著書を『デイアンドナイト』などの藤井道人監督らがドラマ化。『フルーツ宅配便』は、鈴木良雄の同名漫画が原作。『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌、『南極料理人』『モリのいる場所』などの沖田修一らが監督を務める。

[PR]

 「デザイナー 渋井直人の休日」は、デビュー40年にして初の連ドラ単独主演となったベテラン・光石研の熟練の演技がさえ渡る。おしゃれで女性受けもいいが、「モテる」とは言い難い52歳の独身デザイナーを好演。定番スタイルは、ダッフルコートにクラークスの靴。料理もかなりの腕前で、長年培ってきた美的センスも目に楽しい。あこがれの大御所イラストレーターと対面するもイビられ面目丸つぶれになったり、美女が自分に気がありそうと知ってウキウキするも“勘違い”だったり。何かと期待しては裏切られる、の繰り返し。独身生活の楽しさと寂しさがユーモラスに描かれ、ちょっと「イタい」面がリアルな共感を呼ぶ。なおかつ、10年にわたって光石と組み、彼を熟知している松本監督とのコンビネーションによるところも大きい。

「デザイナー 渋井直人の休日」渋谷直角/宝島社(C)「デザイナー 渋井直人の休日」製作委員会

 元乃木坂46深川麻衣が主演を務める「日本ボロ宿紀行」は、父の急死により27歳にして芸能事務所の社長を引き継いだヒロイン・春子(深川)と、48歳の一発屋の歌手・桜庭(高橋和也)の営業の旅を描く物語。原作者がブログで「『ボロ宿』というのはけして悪口ではありません。歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで、ひっくるめて愛情を込めて『ボロ宿』といっています」と記しているように、時代から取り残されたような、しかし味わい深いロケーションが見もの。第1話に登場した宿は、新潟県燕市の「公楽園」。浴槽の劣化した箇所など、“ボロ”に萌えを感じるヒロインを通じて、退廃の美を堪能できる。朝食や夕食が自販機で売られているのもユニークで、春子はトースト(アルミホイルでくるまれて出てくる)を、桜庭はカツ丼を食していた。局の宣伝部によると、原作に登場しない独自のロケ地も登場するという。

[PR]
「日本ボロ宿紀行」(C)「日本ボロ宿紀行」製作委員会

 「フルーツ宅配便」は、『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(2009)、『牝猫たち』(2016)などのデリヘルを扱った映画を手掛けてきた白石和彌監督らが、デリヘルの店長になった主人公を通して、そこで働く女性たちの人生を描くもの。タイトルの「フルーツ宅配便」とは店の名前で、女性たちは、みかん、イチゴ、レモンなどフルーツの名前で呼ばれる。デリヘル業界を描きながら、女優たちのお色気シーンを堪能する趣旨ではなく、むしろ女性向け。毎回、デリヘル嬢、客役など異なるゲストが登場し、シングルマザー、借金を抱える者、整形したい者……デリヘル嬢たちの切実な事情が明らかになっていく。主演の濱田岳徳永えり山下リオ北原里英らデリヘル嬢にふんする女優たちに加え、松尾スズキ荒川良々の大人計画コンビのキャスティングが絶妙だ。

 テレビ東京ではこれまでも映画監督がドラマに参加するケースが多く、昨年4月クールに放送された池松壮亮主演「宮本から君へ」では『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也監督が監督、脚本を務めていた。同作は映画化も発表され、真利子監督が続投。今秋の公開を予定している。また、「フルーツ宅配便」に続く4月クールのドラマ24枠で、よしながふみの同名漫画に基づく「きのう何食べた?」の放送が決定しており、映画『嘘を愛する女』の監督を務めたCMディレクター、映画監督の中江和仁が名を連ねている。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]