『スーサイド・スクワッド』新作、続編ではなくリブートに

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
新キャラクターの登場は?(写真は映画『スーサイド・スクワッド』より) - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 2016年に公開されたDC映画『スーサイド・スクワッド』の新作について、プロデューサーのピーター・サフランは、続編ではなくリブート作品になるとJoBlo.comに明かした。

【画像】ハーレイ・クイン単独映画、ニュールックが激カワ!

 マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾の監督に復帰したジェームズ・ガンが脚本を執筆し、監督も兼任すると言われている本作は、これまで続編と位置付けられていた。しかし、サフランは「まず、私たちは(新作を)『スーサイド・スクワッド2』と呼んでいない。なぜなら、完全なリブート作品だから」と同サイトにコメント。「新作は『ザ・スーサイド・スクワッド(原題) / The Suicide Squad』で、みんなが最高にワクワクする作品になるさ」と訂正している。

[PR]

 またサフランは、本作と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾を掛け持つガン監督について、「(マーベルとDCの両サイドは)『スーサイド・スクワッド』が優先であり、その後が『ガーディアンズ』となることは分かっている。それが、双方にとって最善なのさ。もちろん、ファンやガン監督自身にとっても」と語っている。

 『スーサイド・スクワッド』は、デッドショットやハーレイ・クインらDCコミックスの悪役がチームを結成し、危機に瀕した世界を救うミッションに挑むさまを描いたアクション。ウィル・スミスマーゴット・ロビージャレッド・レトーら実力派俳優が集結したことでも話題となった。

 新作について、キャストは明かされていないものの、デッドショットを演じたウィルはスケジュールの都合により離脱したと、Varietyなどが報道。後任として、『マイティ・ソー』シリーズや『パシフィック・リム』などで知られるイドリス・エルバが出演交渉に入っていると、The Hollywood Reporter などが伝えている。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]