ホークアイ役ジェレミー・レナー、アニキ的な存在感の理由は?

『アベンジャーズ/エンドゲーム』後も忙しそうなジェレミー・レナー
『アベンジャーズ/エンドゲーム』後も忙しそうなジェレミー・レナー - (C) Marvel Studios 2019

 ホークアイを演じるジェレミー・レナーは、アベンジャーズの一員を演じなければ、かなり異なる俳優人生を歩んでいたのかもしれない。彼は、『マイティ・ソー』(2011)でホークアイ役に決まる直前、キャスリン・ビグロー監督の『ハート・ロッカー』で2009年度のアカデミー賞主演男優賞にノミネート。数々の映画賞に輝き、まさに演技派俳優として評価されたところだった。

【動画】『アベンジャーズ』初期メンバーが振り返る10年

 その『ハート・ロッカー』に抜てきされたのも、実在の連続殺人犯をジェレミーが演じ、インデペンデント・スピリット賞主演男優賞にノミネートされた『ジェフリー・ダーマー』(2002)を観たビグロー監督が、その迫真の演技に感銘を受けたからだった。『ハート・ロッカー』に続く『ザ・タウン』ではゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネート。シリアスな演技派俳優の道を歩んでいるように見えていた。

[PR]

 しかし『マイティ・ソー』でアベンジャーズの一員になってからは、エンターテインメント大作にも出演するように。『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)、『ボーン・レガシー』(2012)、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)と2つの大ヒットシリーズに参加する。並行して、『アメリカン・ハッスル』(2013)、『メッセージ』(2016)といった賞レースを騒がせた話題作にも出演し、大スターになっていったのだ。

 ジェレミーは1971年1月7日、カリフォルニア州モデスト生まれ。アベンジャーズの中でも大人に見える彼は、実年齢も主要メンバーの中では上の方。アイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.の6歳下だが、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスより10歳年上だ。

 ジェレミーが大人に見えるのには、年齢だけではなく、もうひとつ理由があるのかも。それは、彼が子供時代、6人兄弟の一番上として、妹2人と弟3人がいる環境で育ったから。ときには子供のようにわがままになるアベンジャーズの面々の中にあって、彼がどこか兄貴的な存在感を漂わせているのは、そのせいかもしれない。

[PR]

 そして、実際のジェレミーには、彼が演じるホークアイと共通点がある。まずひとつは、格闘技を学んでいること。フィリピン武術アーニスや、タイの格闘技ムエタイを学んでいるのだ。

 もうひとつの共通点は、自分の家族たち、特に子供を大切にしていること。ホークアイの家族たちは『アベンジャーズ』シリーズで描かれているが、ジェレミーにも、現在6歳になる可愛い盛りの娘アヴァちゃんがいるのだ。

 アヴァちゃんは『アベンジャーズ』(2012)公開から1年後の2013年に生まれ、翌年1月にジェレミーと彼女の母親でモデルのソニー・パチェコが結婚、2015年4月に『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が全米公開され、同年12月に離婚する。1年に満たない結婚期間だったが、ジェレミーがアヴァちゃんを抱いたり、肩車したりしている画像は今もネットにあふれている。ホークアイの家族愛には、そんな彼の実生活が反映されているのかもしれない。

 そのホークアイのドラマシリーズが、2020年にディズニーの新たな配信サービス、ディズニー+で配信されることが決定。『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開後もジェレミーの忙しい日々は続きそう。他にも人気コミックをコミック原作者トッド・マクファーレン自身が監督する映画『スポーン(原題) / Spawn』で、スポーンを追うとトゥイッチ刑事を演じることが決定済み。これからも話題作への出演が続きそうだ。(平沢薫)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]