実写版『アラジン』ジーニーはこうして作られた!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
(C) 2019 Disney

 ディズニーの実写映画『アラジン』より、ウィル・スミス演じるランプの魔人ジーニーが歌う「フレンド・ライク・ミー」の撮影裏を収めたメイキング映像が公開された。

【動画】「フレンド・ライク・ミー」メイキング映像

 ディズニー不朽の名作アニメーションを『シャーロック・ホームズ』シリーズなどで知られるガイ・リッチー監督が実写化した本作。新鋭メナ・マスードがアラジン役、『パワーレンジャー』などのナオミ・スコットがジャスミン役を務めたほか、ウィルがCGで青いジーニーにふんしたことも話題になった。

[PR]

 来月9日に発売されるMovieNEXに収録されるこのメイキング映像では、CG用のスーツを着たウィルが、アラジン役のメナと共に「フレンド・ライク・ミー」の撮影に臨む姿が公開。メナが「ウィルはCG処理されるけどセットには毎日いる。お互いを密に感じて演技ができたよ。ウィルは最高の共演者だよ」と語る通り、息ピッタリな二人の様子が見てとれる映像になっている。(編集部・中山雄一朗)

映画『アラジン』は9月25日に先行デジタル配信開始、10月9日にMovieNEX発売

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]