松嶋菜々子、大沢たかおと5度目の共演で初の夫婦役

松嶋菜々子(右)、大沢たかお(左)演じる主人公の妻に! - (c)2019映画「AI崩壊」製作委員会

 女優の松嶋菜々子が、大沢たかお主演の映画『AI崩壊』(2020年1月31日全国公開)に出演することが8日、明らかになった。松嶋と大沢は、ドラマ「劇的紀行 深夜特急」(1996~1998)、ドラマ「百年の物語 第二部~愛は哀しみを越えて~」(2000)、『眉山‐びざん‐』(2007)、『藁の楯 わらのたて』(2013)に続く5度目の共演となり、本作で初の夫婦役に挑戦。松嶋は、大沢について「もう何作目にもなるんですよね(笑)。『私の事が好きで指名してるでしょ(笑)』、『そうだよ!』って冗談を言いあいながら、とってもご縁がありますねと話してました。そんなことを言い合えるような仲です」と語っている。

暴走AIによる人類選別…『AI崩壊』特報【動画】

 本作は、AI(人工知能)が国民の生活に欠かせない存在となった2030年が舞台のサスペンス。天才科学者・桐生浩介(大沢)が開発したAIが突如として暴走し、デジタル機器に蓄積された検索履歴や個人情報をもとに、人間の生きる価値を選別し殺戮を始める。

[PR]

 先日放送終了したNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、ヒロインの育ての母親役を務めた松嶋は、本作で主人公の妻・桐生望(きりゅう・のぞみ)にふんする。夫・浩介と共にAIの研究に取り組んでいたが、病によって若くしてこの世を去る。自らの強い意志と信念で、夫の生き方に大きな影響を与える役どころだ。

 脚本を読んだ感想について、松嶋は 「近未来を描いた作品は海外で多く作られていると思いますが、日本でここまでスケールが大きい作品は無いと思いますので、 この脚本をどのように映像化していくのか期待が膨らみました」とコメント。「AIに代わる仕事が増えていく未来がありますが、そこで大切なのは人の存在価値であり、ロボットが一番ではないということ。私にも子供がいるので、望の思いには感情移入が出来ました」と出演を振り返っている。

 キャストはその他、賀来賢人広瀬アリス岩田剛典高嶋政宏芦名星玉城ティナ余貴美子三浦友和ら。 『SR サイタマノラッパー』『22年目の告白-私が殺人犯です-』などの入江悠監督がメガホンを取り、脚本も執筆している。(編集部・倉本拓弥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]