全米映画俳優組合賞ノミネーション発表!三大女優出演『スキャンダル』強し

映画『スキャンダル』よりシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー
映画『スキャンダル』よりシャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー - (c) Lions Gate Entertainment Inc.

 第26回全米映画俳優組合賞(SAG賞)のノミネーションが発表され、シャーリーズ・セロンニコール・キッドマンマーゴット・ロビーというハリウッドを代表する女優陣が集結した映画『スキャンダル』が強さを見せた。シャーリーズが主演女優賞、ニコールとマーゴットが助演女優賞にノミネートされたほか、作品賞にあたるキャスト賞の候補にもなっている。

【動画】シャーリーズ・セロン激変!『スキャンダル』特報

 『スキャンダル』(ジェイ・ローチ監督)は、2016年にアメリカのテレビ局FOXニュースで行われたセクシュアルハラスメントの裏側を描いたドラマ。テレビ局で活躍する女性たちにシャーリーズ、ニコール、マーゴットがふんしている。SAG賞の投票者にはアカデミー会員が多く含まれることから、オスカーでも『スキャンダル』が健闘することが予想される。

[PR]

 また、パルムドール受賞を皮切りに映画賞レースで存在感を見せている韓国映画『パラサイト 半地下の家族』(ポン・ジュノ監督)がキャスト賞にノミネートされるサプライズも。アカデミー賞作品賞ノミネートの可能性が高くなったといえるだろう。授賞式は来年1月19日(現地時間)に開催される。映画部門のノミネートは以下の通り。(編集部・市川遥)

■主演男優賞
クリスチャン・ベイル 『フォードvsフェラーリ
レオナルド・ディカプリオ 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
アダム・ドライヴァー 『マリッジ・ストーリー
タロン・エジャトン 『ロケットマン
ホアキン・フェニックス 『ジョーカー

■主演女優賞
シンシア・エリヴォ 『ハリエット(原題) / Harriet』
スカーレット・ヨハンソン 『マリッジ・ストーリー』
ルピタ・ニョンゴ 『アス
シャーリーズ・セロン 『スキャンダル』
レネー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に

■助演男優賞
ジェイミー・フォックス 『黒い司法 0%からの奇跡
トム・ハンクス 『ア・ビューティフル・デイ・イン・ザ・ネイバーフッド(原題) / A Beautiful Day in the Neighborhood』
アル・パチーノ 『アイリッシュマン
ジョー・ペシ 『アイリッシュマン』
ブラッド・ピット 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

[PR]

■助演女優賞
ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』
スカーレット・ヨハンソン 『ジョジョ・ラビット』 
ニコール・キッドマン 『スキャンダル』
マーゴット・ロビー 『スキャンダル』
ジェニファー・ロペス 『ハスラーズ

■キャスト賞
『スキャンダル』
『アイリッシュマン』
『ジョジョ・ラビット』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
『パラサイト 半地下の家族』

■スタント賞
アベンジャーズ/エンドゲーム
『フォードvsフェラーリ』
『アイリッシュマン』
『ジョーカー』
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]