ゴズリングVS.クリエヴァ!『アベンジャーズ』ルッソ兄弟の新作アクションスリラーで実現

ライアン・ゴズリング(左)とクリス・エヴァンス(右)が激突!
ライアン・ゴズリング(左)とクリス・エヴァンス(右)が激突! - Kevin Winter/Getty Images

 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』などのアンソニー・ルッソジョー・ルッソ兄弟がNetflix新作映画『ザ・グレイ・マン(原題) / The Gray Man』を監督し、キャストにライアン・ゴズリングクリス・エヴァンスが決定したと、Deadlineが独占で報じた。

【動画】キャプテン・アメリアが楽しそう!『アベンジャーズ/エンドゲーム』特典映像

 本作は、マーク・グリーニーの小説「暗殺者グレイマン」を映画化するアクションスリラー。“グレイマン(人目につかない男)”の異名を持つ元CIAの暗殺者ジェントリーが、世界を股にかけた戦いに身を投じていくさまを描く。ライアンは主人公の暗殺者ジェントリー、クリスはジェントリーのCIA時代の仲間ロイド・ハンセンを演じ、文字通り二人は対決することになる。

[PR]

 アンソニーは「この映画では、二人の素晴らしい俳優が直接対決を果たします。二人が演じるキャラは、CIAのあり方などについて異なるビジョンを示してくれます」と同サイトにコメント。ライアンとクリスの対決を、ルッソ兄弟の代表作『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』よりもリアルな世界観かつ『007』シリーズ並の壮大なスケールで描くという。

 また、ジョーは本作のシリーズ化についても言及。「本作のアイデアは、ライアンを中心とした全く新しいユニバースを造り上げるというもの。まずは1作目にコミットして、その成果が2作目に良い作用を与えてくれると思います」と今後もライアンを起用していくことを示唆している。

 製作は、ルッソ兄弟が立ち上げた制作会社AGBOが担当。脚本はジョーが執筆したものを、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の脚本家コンビであるクリストファー・マルクススティーヴン・マクフィーリーが改稿する。撮影は、来年1月よりアメリカ・ロサンゼルスでスタート予定。(編集部・倉本拓弥)

キャプテン・アメリカが楽しそう!映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』ボーナス映像 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]