大泉洋『新解釈・三國志』に小栗旬、磯村勇斗、阿部進之介!

小栗旬が曹操に!
小栗旬が曹操に! - (C)2020「新解釈・三國志」製作委員会

 大泉洋主演の映画『新解釈・三國志』(12月11日公開)に小栗旬磯村勇斗阿部進之介の3人が出演することが発表された。小栗は曹操役、磯村と阿部は曹操の覇道を支える荀イク(じゅんいく)と夏侯惇(かこうとん)役を担当する。

【動画】小栗旬、曹操になって変顔!?新解釈メイキング映像「チーム魏」

 本作は中国の歴史書「三國志」に福田雄一監督が新解釈をくわえ、オリジナル脚本で描かれる歴史エンターテインメント作品。大泉が「蜀」の武将・劉備玄徳として主演を務め、諸葛亮孔明役のムロツヨシ、董卓役の佐藤二朗、黄巾役の山田孝之、周瑜役の賀来賢人、黄夫人役の橋本環奈など錚々(そうそう)たるメンバーが集結している。

[PR]

 メガヒット作『銀魂』シリーズで福田監督とタッグを組んだ小栗が演じるのは“革命のジョーカー”とされる曹操。小栗は「福田作品に参加するにあたっては、毎回地獄です。錚々たるおもしろい面々の中に入り、“おもしろ”に理解の乏しい私が、一体何ができるというのでしょうか」とコメント。「いつも腹痛との闘いです。できれば出たくないです。という恐怖の日々を過ごし、終わって家に帰って絶望と向き合わなければなりません。それが私の福田組です……。ジャストミート!!!!!」と語っている。

 劇場版も公開中の「今日から俺は!!」で危険な男・相良猛にふんしていた磯村は「次はコメディー役に挑戦したいと監督にお伝えしていたので、今回のお話がきた時は、遂に面白いことができる!」とワクワクしたそう。台本を読んでみると真面目な軍師役で「まだまだコメディーへの道は遠い」としつつ、「再び福田組に参加させていただけたこと、小栗旬さん演じる曹操の下でお芝居をご一緒させていただけたことは何より楽しかったです」と振り返っている。

 また、コメディー作品にはほどんど出演経験がなく「本当に自信がない」という阿部。「福田監督が笑ってなかった気がする。いやそれじゃダメか。笑ってたのか。笑ってたからオッケー出てたのか。いやあんまり覚えてないな。どうだったかな? 後で小栗旬に確認しときます」と悩みつつ、「面白かった人だけ教えてください。明日を生きる糧にします。人助けだと思って劇場に行ってください」とメッセージを送っている。(編集部・海江田宗)

映画『新解釈・三國志』メイキング映像第六弾【12月11日(金)公開】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]