赤楚衛二×町田啓太で人気BL「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」ドラマ化!

赤楚衛二と町田啓太
赤楚衛二と町田啓太 - (C) 豊田悠/SQUARE ENIX・「30 歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」製作委員会

 赤楚衛二町田啓太が、人気同名BLコミックを実写するテレビ東京の新ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(10月8日スタート、毎週木曜深夜1時~1時30分)で初共演することが明らかになった。特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の万丈龍我/仮面ライダークローズ役や映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の乾和臣役で注目を浴びる赤楚が、本作で童貞のまま30歳を迎える主人公・安達清を演じ、連続ドラマ単独初主演を果たす。

【写真】赤楚衛二&町田啓太が演じる原作キャラクター

 原作は、WEB雑誌「ガンガンpixiv」で連載中の豊田悠による同名コミックで、ファンの間では通称「チェリまほ」と呼ばれる人気作。童貞のまま30歳を迎え、「触れた人の心が読める魔法」を手に入れた冴えないのサラリーマン・安達(赤楚)が、社内随一のイケメンで仕事もデキる同期・黒沢優一(町田)に触れ、自分への恋心を知ることから物語が展開。初めて寄せられる好意に戸惑う初々しさ全開の安達と、クールなポーカーフェイスの裏で安達への恋心が爆発している恋する乙女全開の黒沢の恋愛模様を描く。

[PR]

 安達役の赤楚は、「みなさまに楽しんでいただけますよう全力で安達を演じ、キャスト、スタッフのみなさまと一緒に最高の『チェリまほ』をお届けしたいです」とコメント。一方の町田は、「この作品を通して、本音がわかってしまうという面白味と、心と心が繋がろうとする温度を感じていただけるように励んでいきたいと思います。ぜひ楽しみにしていてください!」と意気込みを語っている。

 脚本は、『ヒロイン失格』『センセイ君主』など数々のラブコメ作品を手掛ける吉田恵里香、監督は『帝一の國』『恋は雨上がりのように』などで監督助手・スピンオフ監督を務め、『チア男子!!』で長編監督デビューを飾った風間太樹が担当する。

 また、本作は、店舗とネット配信を融合した月額定額サービス「TSUTAYA プレミアム」で配信される予定だ。(編集部・梅山富美子)

木ドラ25「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」はテレビ東京・テレビ大阪・テレビ愛知にて10月8日から毎週木曜深夜1時~1時30分放送
BSテレ東、BSテレ東4Kにて10月13日から毎週火曜深夜0時~0時30分放送
※放送日時は変更になる可能性あり

コメント全文

■赤楚衛二
安達清を演じさせていただくことになりました。
はじめに台本を読ませていただいたとき、魔法が使えることによって織りなす恋愛模様がとても斬新で、面白くこれからどうなるんだろうとすごく惹き込まれました。そして魔法が使えることで葛藤する安達、その魔法によって心の声が安達にダダ漏れしてしまう黒沢が愛おしくなりました。僕自身、今回の作品で改めて「人と向き合う大切さ」を感じました。みなさまに楽しんでいただけますよう全力で安達を演じ、キャスト、スタッフのみなさまと一緒に最高の「チェリまほ」をお届けしたいです。お楽しみくださいませ。

■町田啓太
原作を読んだとき、ユーモラスな展開に笑い、登場人物たちの尊さに心が温かくなりました。安達のように「心の声が聞こえる魔法」にかからなくても、大切に想う人が、なにを考えているのだろうか。と心の声に耳を澄ましてみると、本当にわかることもあるのではないかと思います。それは心から「本音」で向き合おうとするからなんだろうな。と改めて大切なことに気付かされました。この作品を通して、本音がわかってしまうという面白味と、心と心が繋がろうとする温度を感じていただけるように励んでいきたいと思います。ぜひ楽しみにしていてください!

[PR]

■原作:豊田悠
自分の漫画がこんな豪華なキャストさんでドラマ化されるなんて本当に夢のようです。チェリまほは、最初Twitterに投稿したたった4Pの漫画を読んだみなさんが拡散して、安達と黒沢たちの恋をまるで実在する人たちのように応援してくださったからここまでこれたと思います。ドラマの安達と黒沢たちの行く先もぜひリアルタイムで応援していただけると嬉しいです!

■プロデューサー:本間かなみ(テレビ東京)
なかなかインパクトのあるタイトルですが、恋心の原点である“人が人を想うこと”をピュアに描いた作品です。好きな人と目が合った、話ができた、笑ってくれた、そんな些細なことで、胸が高鳴っていた瞬間を思い出すような赤楚さん演じる安達と、町田さん演じる黒沢の関係は、トキメキ感満載です! 楽しく笑えて、時に癒され、時にキュンキュンする……そんな風にみなさんの木曜を彩れるものにしたいと思っています。恋の形も、恋をするもしないも、恋愛との関わり方は自由だけれど、誰かと心が通うことはいつだって尊く愛おしいものです。そんな“人との繋がりの愛おしさ”を多くの人が改めて実感しているいまに送る、「心を読める魔法」を通して描く“心の繋がり”が生むラブコメドラマ、ぜひご期待ください。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]