滅亡寸前の地球に残る科学者…ジョージ・クルーニー監督&主演映画、12月配信

ひげをたくわえたジョージ・クルーニー - Netflix映画『ミッドナイト・スカイ』12月より独占配信開始
ひげをたくわえたジョージ・クルーニー - Netflix映画『ミッドナイト・スカイ』12月より独占配信開始

 ジョージ・クルーニーが監督・製作・主演を務めるNetflix映画『ミッドナイト・スカイ』が、12月に独占配信される。

【画像】仲良し夫婦!ジョージ・クルーニーと美人妻アマル

 『ミッドナイト・スカイ』は、作家リリー・ブルックス=ダルトンのSF小説「世界の終わりの天文台」を原作に、人類滅亡寸前の地球に残り続ける科学者と、地球に帰還途中の宇宙船クルーの姿を描く物語。孤独な科学者オーガスティンをジョージが演じるほか、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のフェリシティ・ジョーンズが宇宙船の乗組員サリーを演じる。

[PR]
『ミッドナイト・スカイ』
フェリシティ・ジョーンズ演じる乗組員サリー

 公開された場面写真には、ひげをたくわえたオーガスティン(ジョージ)と、神妙な面持ちをを浮かべるサリー(フェリシティ)の姿が収められている。地球滅亡の危機が迫る中、なぜオーガスティンは地球に残り続けるのか……?

 共演にはそのほか、『明日を継ぐために』などのデミアン・ビチル、『ファースト・マン』のカイル・チャンドラー、『グローリー/明日への行進』のデヴィッド・オイェロウォら。脚本は、『レヴェナント:蘇えりし者』などのマーク・L・スミスが執筆した。(編集部・倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]