映画館のスクリーンを約1万円から貸し切りに 米AMCシアターズ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ニューヨークのAMCシアターズ(2020年3月撮影)
ニューヨークのAMCシアターズ(2020年3月撮影) - Victor J. Blue / Getty Images

 米大手映画館チェーンのAMCシアターズが、映画館のスクリーンを99ドル(約1万400円・1ドル105円計算)から貸し出しするサービスを開始したことを公式サイトで発表した。

【動画】『TENET テネット』メイキング映像

 一人で借りて映画を鑑賞することもできれば、最大20人まで友人や家族などを呼んでパーティーを行うこともできる。新作映画は149ドル(約1万5,600円)から、旧作は99ドルで観ることができ、食べ物やマイクロフォンをつけた場合は、別料金が取られる。

[PR]

 選択できる新作映画は、『TENET テネット』『ザ・ニュー・ミュータンツ(原題) / The New Mutants』『ザ・ウォー・ウィズ・グランパ(原題) / The War with Grandpa』『アンヒンジド(原題) / Unhinged』など。旧作は『ホーカス ポーカス』『ジュラシック・パーク』『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『シュレック』などがある。

 ただ、食べ物を持参できる料金が250ドル(約2万6,000円)と高額で、温めることが必要な食べ物の持参は許可されていない模様。このサービスはアメリカのほとんどの州で先週金曜日から始まったが、アラスカ州とハワイ州は今のところリストアップされていない。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]