デヴ・パテル×ベン・ウィショー×ティルダ・スウィントン『どん底作家の人生に幸あれ!』1月日本公開

『どん底作家の人生に幸あれ!』日本版ポスタービジュアル
『どん底作家の人生に幸あれ!』日本版ポスタービジュアル - (c)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』のデヴ・パテル、『007』シリーズのベン・ウィショー、『ドクター・ストレンジ』のティルダ・スウィントンら豪華キャストが集った映画『The Personal History of David Copperfield』の邦題が『どん底作家の人生に幸あれ!』に決まり、2021年1月22日より日本公開されることが明らかになった。

変人がいっぱい!『どん底作家の人生に幸あれ!』フォトギャラリー

 『スターリンの葬送狂騒曲』のアーマンド・イアヌッチ監督が、文豪チャールズ・ディケンズの自伝的要素が強い小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化した本作。主人公デイヴィッド役をデヴ、敷地へのロバの侵入を絶対に許さないデイヴィッドの風変わりな伯母役をティルダ、デイヴィッドに爬虫類のように付きまとう奇妙な世話係役をベンが務めるほか、テレビドラマ「ドクター・フー」のピーター・キャパルディ、「Dr.HOUSE -ドクター・ハウス-」のヒュー・ローリーら豪華英国人キャストが勢ぞろいし、デイヴィッドと愛すべき変人たちとの数奇な物語を紡いでいる。

[PR]

 物語は、周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては空想して遊んでいたデイヴィッド少年の人生が、暴力的な継父の登場によって一変するところからスタート。彼は都会の工場へ売り飛ばされ、借金まみれの老紳士と暮らすことに。どん底の中でもたくましく成長したデイヴィッドは、母の死をきっかけに工場から脱走。たった一人の肉親である裕福な伯母の助けで名門校に通い始めると、自身の経験に基づく“作り話”を同級生に披露して人気者になる。令嬢ドーラと恋に落ち、卒業後は法律事務所で働き始めるなど順風満帆な人生を手に入れたかに見えたが、彼の過去を知る者たちによって再びどん底に引き戻されようとして……。イアヌッチ監督は、人間の不屈の精神をたたえる名作を現代にコミカルによみがえらせている。(編集部・市川遥)

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』は2021年1月22日よりTOHOシネマズシャンテ、シネマカリテほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]