『ワイルド・スピード』2週連続首位!『ザ・スーサイド・スクワッド』は6位のスタート

映画週末興行成績

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』より
『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』より - (C) 2021 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

 8月14日~8月15日の土日2日間の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、人気カーアクションシリーズ9弾『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が2週連続首位となった。DCコミックスの悪役たちを描く『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は6位のスタートとなった(数字は興行通信社調べ)。

 『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は、土日2日間で観客動員24万3,000人、興行収入3億8,400万円をあげ、累計では動員143万人、興収21億円を突破。2位に、土日2日間で動員16万9,000人、興収2億4,200万円を記録した細田守監督のアニメーション『竜とそばかすの姫』が先週の3位から浮上。累計では動員341万人、興収47億円を突破した。先週2位でスタートを切った『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』は3位に。土日2日間で動員16万3,000人、興収2億2,100万円、累計では動員128万人、興収16億円超えとなった。

 新作では、土日2日間で動員8万1,000人、興収1億2,800万円をあげた『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』が6位に初登場。2016年に公開されスマッシュヒットしたサバイバル・アクションを、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのジェームズ・ガン監督が新たに描く。キャストにマーゴット・ロビーイドリス・エルバジョン・シナら。

[PR]

 初登場7位に、1968年に製作された大映の特撮映画を、2005年に神木隆之介主演でリメイクした『妖怪大戦争』に続くファンタシーアドベンチャー『妖怪大戦争 ガーディアンズ』。監督を2005年版の三池崇史が続投し、寺田心杉咲花猪股怜生らが出演。8位にディズニーの『フリー・ガイ』。『デッドプール』シリーズなどのライアン・レイノルズ演じる、自分がビデオゲームの世界に生きる背景(モブ)キャラだと知った主人公が、ヒーローになろうとする。監督は『ナイト ミュージアム』シリーズなどのショーン・レヴィ

 4位の『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』は累計で興収約11億円。5位の『東京リベンジャーズ』は累計で動員270万人を突破し、興収は間もなく36億円に達する。
 
 今週は平野紫耀橋本環奈の共演による恋愛コメディーの続編『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』、白石和彌監督によるバイオレンスドラマの続編で、前作から3年後の物語をオリジナルストーリーで描く『孤狼の血 LEVEL2』、『寝ても覚めても』などの濱口竜介監督が村上春樹の短編小説を映画化し、第74回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した『ドライブ・マイ・カー』、田島列島のコミックを上白石萌歌主演で実写映画化した青春劇『子供はわかってあげない』(一部先行上映中)などが公開される。(編集部・石井百合子)

[PR]

【2021年8月14日~8月15日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(1)『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』:2週目
2(3)『竜とそばかすの姫』:5週目
3(2)『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』:2週目
4(4)『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』:3週目
5(5)『東京リベンジャーズ』:6週目
6(初)『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』:1週目
7(初)『妖怪大戦争 ガーディアンズ』:1週目
8(初)『フリー・ガイ』:1週目
9(6)『ジャングル・クルーズ』:3週目
10(7)『キネマの神様』:2週目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]