ADVERTISEMENT

クリント・イーストウッド新作『クライ・マッチョ』日本公開決定

場面写真も公開
場面写真も公開 - (C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 クリント・イーストウッド監督・主演・製作の新作『CRY MACHO(原題)』が、『クライ・マッチョ』の邦題で2022年1月14日に日本公開されることが決まった。

【動画】『クライ・マッチョ』予告編

 N・リチャード・ナッシュの「CRY MACHO」(1975年発刊)が原作の本作の主人公は、かつて一世を風靡したロデオ界の元スター、マイク・ミロ(イーストウッド)。落馬事故をきっかけに家族も離散し、競走馬の種付けで細々と暮らしていたが、ある日、元雇用人からメキシコにいる彼の息子ラフォの誘拐を依頼される。人生に失敗した元ロデオスターと、親の愛を知らない少年。二人の壮大なメキシコ横断旅には、予想外の困難と思いがけない新しい出会いが待ち受けていた、というヒューマンドラマだ。

ADVERTISEMENT

 予告編も公開され、メキシコへと向かうマイクが生意気な不良少年ラフォと出会い、困難な道中のなかで少しずつ交流を深めていく様子が描かれていく。ラフォを演じるのは、本作が長編映画デビュー作となるエドゥアルド・ミネット

 本作が企画されたのは、実に40年前だという。原作を読んだ映画製作者のアルバート・S・ラディ(『ゴッドファーザー』『ミリオンダラー・ベイビー』)はイーストウッドに話を持ちかけたが、イーストウッドがマイク役は時期尚早だと判断し、企画は頓挫。しかし2019年、「期は熟した」と考えたイーストウッドがラディに連絡をとり、映画化へと動き出した。

 脚本を練り直し執筆したのは、『グラン・トリノ』や『運び屋』の脚本も手がけたニック・シェンク。イーストウッドの個性を生かしたキャラクターに仕上げ、苦労と挫折を味わいながら、約束に固い不言実行の男を書き上げた。「クリントはこれからもアメリカの英雄として、不滅の男として語り継がれるでしょう」と長年の悲願を達成したラディは話している。(清水一)

クリント・イーストウッド監督・主演・製作『クライ・マッチョ』予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT