ADVERTISEMENT

『マスカレード・ナイト』大ヒットスタート!4日間で興収9億突破

映画週末興行成績

映画『マスカレード・ナイト』より
映画『マスカレード・ナイト』より - (C) 2021東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会

 土日2日間(9月18日~9月19日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、東野圭吾のベストセラー小説を木村拓哉長澤まさみの共演により映画化したヒット作の続編『マスカレード・ナイト』が初登場首位に。土日2日間で動員37万4,000人、興行収入5億3,600万円をあげ、2位以下に大差をつける大ヒットスタートを切った。

【写真】『マスカレード・ナイト』場面写真一挙!

 『マスカレード・ナイト』は、2019年公開の『マスカレード・ホテル』から約2年ぶりの続編。木村演じる捜査一課の型破りな刑事・新田と、長澤演じる優秀なホテルマンの山岸が再びバディを組む。都内で起きた不可解な殺人事件の犯人が、大みそかにホテル・コルテシア東京で開催されるカウントダウンパーティーの会場に現れるという密告状が警察に届き、新田が再びフロントクロークになりすましてホテルに潜入する。監督を、「HERO」シリーズなどで木村とコンビを組んできた鈴木雅之が続投。初日から20日までの4日間の累計では、動員67万8,000人、興収9億4,000万円を突破している。

ADVERTISEMENT

 その他、2作品が初登場。3位に、京都アニメーション制作の人気シリーズ「Free!」最終章となる劇場版の前編『劇場版 Free!-the Final Stroke- 前編』。声の出演に島崎信長鈴木達央宮野真守ら。監督は、テレビアニメ版も手掛けてきた河浪栄作。5位に、ヒュー・ジャックマン主演のSFサスペンス『レミニセンス』。『TENET テネット』などのクリストファー・ノーラン監督の弟で、『ダークナイト』『インターステラー』などの脚本を手掛けてきたジョナサン・ノーランが製作を、その妻でテレビシリーズ「ウエストワールド」のクリエイターとして知られるリサ・ジョイが監督を務めた。

 2位に、公開10週目を迎えた『竜とそばかすの姫』が3位から浮上し、累計で動員442万人、興収61億円を突破。6位の『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』が累計で動員224万人、興収30億円、8位の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』が動員233万人、興収35億円、9位の『東京リベンジャーズ』が、動員319万人、興収42億円を突破している。

 今週は、ムロツヨシが男手ひとつで娘を育ててきた牧師にふんする『マイ・ダディ』、原田マハの小説を田中圭中谷美紀の共演で映画化した『総理の夫』、ジョニー・デップが水俣病の惨事を世界に伝えた写真家ユージン・スミスにふんし、真田広之美波ら日本人キャストと共演する『MINAMATA-ミナマタ-』、古田新太松坂桃李共演、『BLUE/ブルー』『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督・脚本による『空白』、ベネディクト・カンバーバッチ主演のサスペンス『クーリエ:最高機密の運び屋』などが公開される。(編集部・石井百合子)

ADVERTISEMENT

【2021年9月18日~9月19日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】※()内は先週の順位

1(初)『マスカレード・ナイト』:1週目
2(3)『竜とそばかすの姫』:10週目
3(初)『劇場版 Free!-the Final Stroke- 前編』:1週目
4(2)『シャン・チー/テン・リングスの伝説』:3週目
5(初)『レミニセンス』:1週目
6(1)『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』:7週目
7(5)『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』:5週目
8(6)『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』:7週目
9(7)『東京リベンジャーズ』:11週目
10(4)『科捜研の女 -劇場版-』:3週目

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT