ADVERTISEMENT

篠原涼子「一人一人が主役」クセ者ぞろいの主演コメディーに自信

クセ者ぞろい? の共演者(向井理、岩田剛典、中村倫也、関水渚)と篠原涼子
クセ者ぞろい? の共演者(向井理、岩田剛典、中村倫也、関水渚)と篠原涼子

 篠原涼子が18日、都内で行われた映画『ウェディング・ハイ』(3月12日全国公開)の完成披露試写会に登壇し、豪華キャストを迎えた主演作に自信をのぞかせた。この日は、中村倫也関水渚岩田剛典中尾明慶向井理高橋克実大九明子監督も来場した。

中村倫也、向井理の“変わった一面”を暴露!?『ウェディング・ハイ』完成披露【動画】

 脚本家としても活躍するお笑い芸人・バカリズムのオリジナル脚本を、『勝手にふるえてろ』などの大九監督が映画化した本作は、結婚式を舞台にした群像コメディー。クセ者ぞろいの参列者たちによって混乱する新郎・石川彰人(中村)と新婦・新田遥(関水)の結婚式で、敏腕ウエディングプランナー・中越真帆(篠原)がトラブル解決に奔走する。

ADVERTISEMENT

 篠原は「舞台みたいなドタバタ劇なので、監督からたくさん力を与えていただき、キャストとコミュニケーションをとりながらセッションをして、すごく楽しく、リラックスしてやらせていただきました」と撮影を振り返ると、上映前の観客に、「一人一人が主役のような、ぜいたくな作りになっていると思います。とにかく笑える作品なので、何も考えずに観て、楽しんでください」と呼びかけた。

 花嫁を奪いに来た遥の元カレ・八代裕也役で出演した岩田は、これまでのイメージを覆す役どころに挑戦。大九監督に細かいキャラクター設定を尋ねたところ「設定はない」と言われたことから「映画の中での自分の立ち位置を理解しました」と、振り切った芝居に専念したことを回顧する。一方の大九監督は、意外なキャスティングに驚いていたことを明かしつつ、「想像を超える(裕也の)ポーズなど、『やりたくないかもしれませんが、こんな感じです』と言うと、パッとやってくれて。いつだって格好いい男でした」と感謝していた。

 また、謎の男・澤田紀昭役を務めた向井は「すごく大事な役だと思って取り組ませていただいたので、誰にもやらせたくない」と役への情愛をたぎらせたかと思いきや、「役名は忘れましたけど」とまさかの発言。「記憶と思いは別だから!」と主張し、中村から「目が急に怖い」とツッコまれながらも、「(今まで)やったことのない役だったので、楽しませてやらせていただきました」と充実の表情を見せた。

ADVERTISEMENT

 イベントでは作品にちなんで、キャストが共演者の“クセ者”ぶりを紹介する一幕も。篠原は、自分のことだとして「5分おきに指を鳴らすんです。撮影現場でもボキボキッと鳴らしちゃったりして、音声に入っちゃう」と反省しつつ「スッキリするんですよね」とにっこり。また関水が「中村さんはずっと同じテンションで、朝から晩まで乱れることなく穏やかですごい。家に帰っても怒ったりすることとかはないんだろうな」と感心すると、当の中村は「俺は仕事現場もオフだと思っているもん、最近。誰も見てねーや、俺のこと……と思って、セリフだけ覚えて来ているからかな」と冗談めかして語り、会場の笑いを誘っていた。(錦怜那)

中村倫也、向井理の“変わった一面”を暴露!? 仲良しトークで会場を盛り上げる『ウェディング・ハイ』完成披露舞台あいさつ » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT