ADVERTISEMENT

『ゴジラ』モンスター・ヴァースが実写ドラマ化!Apple TV+で全世界配信

モンスター・ヴァース拡大! - 画像は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』より
モンスター・ヴァース拡大! - 画像は『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』より - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 米レジェンダリーは現地時間20日、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』から始まったモンスター・ヴァースを拡大する、実写ドラマシリーズの製作を発表した。タイトル未定の同作は、動画配信サービスApple TV+で全世界配信される。

【動画】二大怪獣が激突!映画『ゴジラvsコング』予告編

 米ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、日本の東宝が提携して展開するモンスター・ヴァースは、ゴジラやキングコングなどの巨大怪獣(タイタン)が激突する世界観のこと。これまで、『GODZILLA ゴジラ』『キングコング:髑髏島の巨神』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』『ゴジラvsコング』と4本の映画が製作されている。

ADVERTISEMENT

 レジェンダリーの発表によると、ドラマシリーズの舞台は、ゴジラと怪獣たちの激突でサンフランシスコが壊滅し、怪獣が実在することが判明した世界。ある家族が謎につつまれた秘密と遺産を追うさまを描き、巨大生物を調査する特務機関・モナーク(MONARCH)も登場するという。

 ショーランナーを務めるのは、ドラマ「スタートレック:エンタープライズ」のクリス・ブラック。その他、コミックライターのマット・フラクション、映画プロデューサーのジョビー・ハロルドトーリー・タネル、日本から東宝の松岡宏泰有田武将が製作総指揮として参加する。(編集部・倉本拓弥)

映画『ゴジラvsコング』日本版予告編 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT