ADVERTISEMENT

トム・クルーズ、本物の戦闘機で過酷トレーニング『トップガン マーヴェリック』特別映像公開

トム・クルーズ、超過酷な飛行トレーニング!『トップガン マーヴェリック』特別映像 » 動画の詳細

 トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた出世作『トップガン』(1986)の続編『トップガン マーヴェリック』の特別映像が公開された。本物の迫力にこだわったトムとキャスト陣が取り組んだ、過酷な飛行トレーニングの裏側が収められている。

『トップガン マーヴェリック』特別映像

 エリートパイロット養成機関“トップガン”を舞台に、血気盛んなパイロット、マーヴェリック (トム)ら若者たちの葛藤と青春を描いた『トップガン』。36年ぶりとなる続編では、絶対不可能な任務に直面したトップガンに、今も現役であり続けるマーヴェリックが帰還。新世代のトップガンと共に、危険なミッションに命を懸ける

ADVERTISEMENT

 映像内でトムは、本作について「十分なストーリーができるまで、続編を作るつもりはなかった」と自信のコメント。さらに、本作の肝となるリアルな戦闘機の映像を収めるため、技術の発展も必要だったと明かす。

 その言葉の通り、トムをはじめとしたキャストたちは、6台ものIMAXカメラを搭載した実際の戦闘機に搭乗して飛行シーンを撮影した。飛行中はカメラを自分で操作しなくてはならなかったといい、実現にあたり、3か月以上にわたる厳しい訓練を課せられたという。

 本物の海軍やトップガンスクールチームが組んだメニューの中で、特に注力されたというのが脱出用の水中訓練。トムは「“戦闘機に乗るなら水の中で生きなければならない”という海軍の教えから、キャストたちは、水中から脱出を試みるウォータープログラムをこなさなければならなかった」と語っており、特別映像では、反転した状態で水中からの脱出をはかる、命がけの訓練の模様が映し出されている。

 さらにトムは、戦闘機に搭乗するキャストのために、自ら訓練過程を考案。飛行になれるため、プロペラ機からアクロバット飛行、空母からの離陸と徐々にレベルを上げていき、過酷なG(重力加速度)環境を克服したキャストたちは、実際に戦闘機に搭乗して撮影まですることが可能に。命がけの飛行シーンや激しいドッグファイトと共に、かつてない映像体験への期待感が高まる映像に仕上がっている。(編集部・入倉功一)

映画『トップガン マーヴェリック』は5月27日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT