ADVERTISEMENT

『ソー:ラブ&サンダー』クリスチャン・ベイル演じる悪役ゴアがお披露目!本予告&ポスター公開

神殺しの悪役ゴアが登場!
神殺しの悪役ゴアが登場! - (c)Marvel Studios 2022

 映画『ソー:ラブ&サンダー』(7月8日全国公開)の本予告と本ポスタービジュアルが全世界で公開され、『ダークナイト』シリーズのクリスチャン・ベイルふんする悪役ゴアの姿が明らかになった。

【動画】クリスチャン・ベイルが悪役!『ソー:ラブ&サンダー』本予告編

 本作は、クリス・ヘムズワース演じる雷神ソーが活躍する『マイティ・ソー』シリーズの第4弾。『アベンジャーズ/エンドゲーム』後、いつしか戦いを避けるようになっていたソーがヒーロー卒業を宣言し、ゼロから新たな道を歩み始める。

ADVERTISEMENT

 クリスチャンが演じる“神殺し”ゴアは、神々の殲滅(せんめつ)を目指す凶悪なヴィラン。全身から異様な雰囲気を醸し出しており、ソーとニュー・アスガルドの王ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)が応戦するも、絶体絶命のピンチに陥ってしまう。

 そんな彼らの救世主となるのが、マイティ・ソーとなったソーの元恋人ジェーン(ナタリー・ポートマン)だ。ソーの武器ムジョルニアを手にしたジェーンとの再会で「8年7か月と6日ぶり」と未練タラタラなソーは、ジェーンと共に最強の敵ゴアを倒すべく“愛”と“雷”の力で立ち向かう。

 前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督がメガホンを取る本作には、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』からスター・ロード(クリス・プラット)やドラックス(デイヴ・バウティスタ)らお馴染みの仲間も登場。さらに、ラッセル・クロウが神ゼウス役で出演している。なお本作は2D(字幕版&吹替版)のほか、ドルビーアトモス(2D字幕版)、ドルビーシネマ(3D字幕版)、IMAX3D(字幕版)、4DX(3D吹替版)、MX4D(3D吹替版)で上映される。(編集部・倉本拓弥)

「ソー:ラブ&サンダー」本予告【この夏、すべては“神”頼み⁉】 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT