ADVERTISEMENT

「鎌倉殿の13人」二代目・善児“誕生”に沸く 山本千尋、瞬殺シーン話題

第31回「諦めの悪い男」より山本千尋演じるトウ
第31回「諦めの悪い男」より山本千尋演じるトウ - (C)NHK

 14日に放送された小栗旬主演の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(NHK総合ほか)第31回で、汚れ仕事を請け負う仕事人・善児(梶原善)の弟子、トウ(山本千尋)が“初仕事”を披露し、注目を浴びた(※一部ネタバレあり)。

【写真】生田斗真初登場!31回場面写真

 本作は、鎌倉時代を舞台に、野心とは無縁だった伊豆の若武者・北条義時(小栗)が鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)にすべてを学んだのち、武士の世を盤石にした二代執権に上り詰めていく物語。第31回「諦めの悪い男」では、頼朝と化していく義時の闇落ちぶりが話題に。病に倒れた鎌倉殿=源頼家(金子大地)の後継者をめぐり、北条と比企が真っ向から対立。北条が乳母夫を務める頼家の弟・千幡(※のちの源実朝/嶺岸煌桜)か、比企が乳母夫を務める頼家の長男・一幡(相澤壮太)か。比企能員(佐藤二朗)が一幡を跡継ぎにすべく先手を打とうとするなか、義時は比企に折衷案を提示。しかし、能員は義時の“計算”どおりにこれを一蹴する……。

ADVERTISEMENT

 トウが姿を現したのは、7月31日放送・第29回の初登場以来。北条が比企の館を取り囲む終盤のこと。追い詰められた能員の娘・せつ(山谷花純)は息子・一幡をかばい、毅然とした態度で兵の前に現れ小刀で立ち向かうが、トウが瞬殺。逡巡することなく、目にもとまらぬ速さで“初仕事”を終えたトウに、ネット上では「二代目キターーーー!」「二代目アサシンやば」「一瞬だった……」「鳥肌立った」など戦慄、驚きの声で沸いていた。一方、善児が残された一幡ににじり寄り、泰時(坂口健太郎)の指令を待つという戦慄の場面もあった。

一幡ににじり寄る善児(梶原善)

 本エピソードでは、生田斗真演じる後鳥羽上皇の側近、源仲章(みなもとのなかあきら)も初登場。全成の息子・頼全(小林櫂人)が父の謀反に加担したとの罪で討たれる場面で、セリフはなかったものの首斬りを見た際のリアクションが話題を呼んでいた。また、名優・康すおんが、「佐々木のじいさん」こと佐々木秀義の孫役でまさかの再登場。そっくりな話し方にwコメントがあふれていた。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ADVERTISEMENT

おすすめ映画

ADVERTISEMENT

人気の記事

ADVERTISEMENT

おすすめ動画

ADVERTISEMENT

最新の映画短評

ADVERTISEMENT