ADVERTISEMENT

岡田准一~華麗なアクションでスクリーンを躍動 凜とした「佇まい」で魅せる本格派

銀幕のジャニーズ

イメージ画
イメージ画

 映画で活躍する銀幕ジャニーズの俳優としての面にフォーカスして、デビュー作から最新作まで、どんな俳優なのかを見ていきます。第31回は、岡田准一。(文・新亜希子)

 バラエティー番組の企画オーディションに合格後、V6のメンバーに選出。当時14歳、グループ内最年少だ。

 2015年には、第38回日本アカデミー賞において最優秀主演男優賞(映画『永遠の0』)・最優秀助演男優賞(『蜩ノ記(ひぐらしのき)』)を受賞。男優賞での最優秀賞2冠は史上初であり、現役ジャニーズ事務所所属タレントによる同賞受賞も初めてのこと。

ADVERTISEMENT

映画デビュー作:『COSMIC RESCUE - The Moonlight Generations -』(2003年7月11日公開)澤田東役

 V6内の年少メンバー「Coming Century」主演作。西暦2053年の近未来を舞台にしたサイエンスフィクション映画で、視覚効果を駆使し、宇宙空間を表現した映像も話題となった。堀北真希の映画デビュー作としても知られる。

 個人としての銀幕デビューは宮藤官九郎の脚本による『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』。岡田にとって連続ドラマ初主演となった作品の続編・映画版であり、いまだ根強い人気を誇っている。

 岡田演じる主人公・田渕公平(ぶっさん)の高校野球部の仲間である主要メンバーを櫻井翔岡田義徳佐藤隆太塚本高史ら若手キャストが演じ、阿部サダヲ古田新太小日向文世といった個性派俳優がしっかりと脇を固めた、笑いあり涙ありの作品だ。

ドラマデビュー作:「Vの炎」(1995年10月9日 - 11月2日)岡田准一役

 V6がイメージキャラクターをつとめた「ワールドカップバレーボール」のタイアップドラマ。撮影時、年少メンバー3人への演技指導をリーダー・坂本昌行が行っていたことから、のちにジョークとして「(大河ドラマで主演を務めるほどの)岡田を育てたのは坂本くんなんだよ。あのときの坂本くんなくして今のおまえはないんだからな」と三宅健が語っている。

ADVERTISEMENT

映画俳優としての主な活躍:

 まさに「銀幕のジャニーズ」の先頭を走り続けている人だ。2015年、ジャニーズ事務所所属タレントとして初めて、日本アカデミー賞を受賞。それも、主演・助演ともに最優秀賞の2冠達成という偉業を成し遂げた。

 華麗なアクションや殺陣を得意とし、昨今の作品では剣技の構築やファイトコレオグラファーとして、演じるのみならず、創り手としても活躍を見せている。

 岡田は、かのブルース・リーも学び、名作『燃えよドラゴン』でも披露されたフィリピン武術・カリ、のちにリーが興したジークンドーを習得。「USA修斗」のインストラクター資格も取得している。

 ストイックな役づくりを行い、変化していく岡田の風貌に、ときには「ジャニーズらしくない」との声もあった。しかしそんなものは、実績をもって跳ね返してきた。「なにもそこまで」と思う人もいただろう。けれど「そこまでやる」役者、それが岡田准一だ。

 時代劇への出演も多い。社会科の先生になりたかったというほどの歴史好きでも知られる岡田には、時代背景の深い理解、歴史上の人物への敬意がある。だからこそ、生半可な演技はない。若いころから読書を趣味とし、気に入った言葉はメモして残しているという。豊かな感受性と繊細な心をもつ岡田は、感情の機微を伝える演技も実にうまい。

 ワールドワイドに活躍できるほどの本格アクションを得意としながらも、ときに躍動感とは相反する、風格のある静けさをまとう男だ。その凜とした佇まいは、我々に邦画の良さを再認識させてくれる。これから先も、求められ続ける役者であることは間違いない。

ADVERTISEMENT

最新作:『燃えよ剣』(2021年10月15日公開)土方歳三役

02
『燃えよ剣』より - (C) 2021「燃えよ剣」製作委員会

 原作は、作家・司馬遼太郎の最高傑作ともいわれる歴史長編小説「燃えよ剣」。主人公は、喧嘩に明け暮れ、バラガキ(不良少年)と呼ばれた土方歳三。「武士になる」という夢を抱いて京へのぼり、組織作りの異才をもって幕末最強の剣客集団「新選組」を副長として統率した彼が、変革の世を同志とともに戦いぬき、箱館で散るまでの生涯を描いた名作だ。

 本作の映画化は実に54年ぶりのこと。岡田は土方役について「身に余る大役」とし、過去に主演した『関ヶ原』に続く歴史の変革にまつわる人物を演じることについて「やりがいのあるタフな作業」と述べている。

 歴史ファン以外からも人気の高い新選組を描くにあたり、近藤勇役を鈴木亮平、芹沢鴨役を伊藤英明、沖田総司役を山田涼介と申し分ないキャストが揃いぶみ。

 岡田は本作にて、剣技の構築と指導にも携わっている。共演者らとともに、スピード感のある殺陣と怒濤のアクションで、剣豪たちの気迫あふれる死闘を活写。圧倒的なスケールとリアリティーをもって描かれる新選組、そして土方歳三の生きざまが美しくも切ない。

ADVERTISEMENT

フィルモグラフィー(映画)

COSMIC RESCUE - The Moonlight Generations -』(2003年7月11日公開)澤田東役(V6の年少メンバー・Coming Century 主演作)

『ハードラックヒーロー』(2003年9月28日)浅井タカシ役(V6初主演映画)

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』(2003年11月15日公開)田渕公平(ぶっさん)役(人気を博した主演ドラマの映画版)

東京タワー』(2005年1月15日公開)小島透役(女優・黒木瞳との濡れ場が話題に)

フライ,ダディ,フライ』(2005年7月9日公開)朴舜臣役(初めて本格的なアクションに挑んだ作品)

ホールドアップダウン』(2005年10月28日公開)沢村光一役(V6主演映画。岡田は挿入歌も担当)

花よりもなほ』(2006年6月3日公開)青木宗左衛門役(時代劇映画初出演にして初主演)

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(2006年10月28日公開)田渕公平(ぶっさん)役(同シリーズの完結編)

陰日向に咲く』(2008年1月26日公開) シンヤ 役 (劇団ひとり原作小説を映画化)

おと・な・り』(2009年5月16日公開) 野島聡 役 (顔を合わせたことのない、隣同士に住む男女のラブストーリー)

SP 野望篇』(2010年10月30日公開)井上薫役

SP 革命篇』(2011年3月12日公開)井上薫役(このシリーズで、カリ、ジークンドー、USA修斗を習得。アクションの変化もみどころ)

天地明察』(2012年9月15日公開)安井算哲(渋川春海)役(30歳になって最初の作品)

図書館戦争』(2013年4月27日公開)堂上篤役

『永遠の0』(2013年12月21日公開)宮部久蔵役(第38回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞受賞)

『蜩ノ記(ひぐらしのき)』(2014年10月4日公開)檀野庄三郎役(第38回日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞受賞)

図書館戦争 THE LAST MISSION』(2015年10月10日公開)堂上篤役(岡田を中心に、田中圭や福士蒼汰ら共演者たちが激しいトレーニング“岡田メソッド”を行った)

エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年3月12日公開)深町誠役(標高5,200mにあるベースキャンプを実際に訪れ、撮影に挑んだ)

海賊とよばれた男』(2016年12月10日公開)国岡鐡造役(『永遠の0』の山崎貴監督と再びタッグを組んだ。第40回日本アカデミー賞の優秀主演男優賞受賞)

追憶』(2017年5月6日公開)四方篤役(名優・高倉健と数々の作品でタッグを組んできた降旗康男監督最後の作品)

『関ヶ原』(2017年8月26日公開)石田三成役(原田眞人監督は、岡田が石田三成を演じられる年齢になるのを待っていたと語っている)

散り椿』(2018年9月28日公開)瓜生新兵衛役(本格的な殺陣に挑戦。またスタッフロールには「殺陣・岡田准一」とクレジットあり)

来る』(2018年12月7日公開)野崎役(オカルトライターを演じたホラー作品)

ザ・ファブル』(2019年6月21日公開)ファブル役(アラン・フィグラルツと共にファイトコレオグラファーも兼任)

ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(2021年6月18日公開)ファブル役(『ザ・ファブル』(2019)のシリーズ第2弾)

燃えよ剣』(2021年10月15日公開)土方歳三役(司馬遼太郎の名作歴史小説を1966年以来、54年ぶりに映画化)

ADVERTISEMENT

フィルモグラフィー(ドラマ)

「Vの炎」(1995年10月9日 - 11月2日)岡田准一役

「D×D Dangerous Angel Death Hunter」(1997年7月5日 - 9月20日)木原虎之介役

「PU-PU-PU-」(1998年10月9日- 12月18日)小峰和哉役

「新・俺たちの旅 Ver.1999」(1999年7月3日 - 9月11日)熊沢伸六役

「ディア・フレンド」(1999年11月29日)山室裕司役

「モナリザの微笑」(2000年1月12日 - 3月22日)岡島卓郎役

「『big』大作戦」(2000年6月29日)岡田准一役

「オヤジぃ。」(2000年10月8日 - 12月17日)神崎正役

「天国に一番近い男 教師編」第1話(2001年4月13日)ゲスト出演

「反乱のボヤージュ」(2001年10月6日・7日)坂下薫平役

「忠臣蔵1/47」(2001年12月28日) 大石主税 役

「木更津キャッツアイ」(2002年1月18日 - 3月15日)田渕公平役

演技者。「TEXAS」(2002年5月21日 - 6月18日)四ツ星役

「恋愛偏差値 第一章 燃えつきるまで」(2002年7月4日‐25日)リュージ役

演技者。「寿司と祭壇」(2003年1月7日 - 1月28日)筒井大輔役

「池袋ウエストゲートパーク スープの回」(2003年3月28日)友情出演

「末っ子長男姉三人」(2003年10月12日 - 12月21日)柏倉一郎役

「大化改新」(2005年1月1日・2日)中臣鎌足役

「冬の運動会」(2005年1月4日)北沢菊男役

「タイガー&ドラゴン」(2005年1月9日・4月15日 - 6月24日)谷中竜二役

「虹を架ける王妃 朝鮮王朝最後の皇太子と方子妃の物語」(2006年11月24日)李垠役

「SP」(2007年11月3日 - 2008年1月26日)井上薫役

「SP 革命前日」(2011年3月5日)井上薫役

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年)黒田官兵衛(如水)役

「図書館戦争 BOOK OF MEMORIES」(2015年10月5日)堂上篤役

テレビ朝日開局60周年記念5夜連続大型特別ドラマ 山崎豊子「白い巨塔」(2019年5月22日 - 26日)財前五郎役

ADVERTISEMENT

主な受賞歴

第9回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 助演男優賞「タイガー&ドラゴン」
第19回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎新人賞『花よりもなほ』『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』
第38回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞(映画『永遠の0』)
第38回日本アカデミー賞 最優秀助演男優賞(『蜩ノ記(ひぐらしのき)』)
第40回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞『海賊とよばれた男』
第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞『関ヶ原』
第42回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞『散り椿』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT