ADVERTISEMENT

生まれ育った故郷の街が戦場となった者の怒りと哀しみ

2021年11月30日 なかざわひでゆき モスル~あるSWAT部隊の戦い~ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
モスル~あるSWAT部隊の戦い~

 ハリウッド映画でありながらセリフは全てアラビア語という異色作。第二次世界大戦以来の激戦と言われたイラクの都市モスルの市街戦を舞台に、ISISの支配と弾圧に抵抗するイラク軍SWAT部隊の実話が描かれる。外側ではなく内側の目線でイラクの戦場を捉えた作品は珍しい。ただしこの部隊、本部の命令に無視した特別な任務に当たっており、何も知らずチームに加わった若い元警官の視点から、その極秘任務の意外な真相が詳らかにされていく。浮かび上がるのは、生まれ育った故郷が戦場となってしまった者たちの激しい憤り、そこにあった家族や友人との平和な暮らしを奪われた彼らの深い哀しみ。戦争の理不尽を目の前に突きつける力作だ。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT