ADVERTISEMENT

名門一族の家父長制に抗うわきまえない嫁の逆襲

2022年1月14日 なかざわひでゆき ハウス・オブ・グッチ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ハウス・オブ・グッチ

 都合よく書き換えられた由緒正しい家族の歴史。そんな偽りの伝統の上に胡坐をかいて、特権階級意識を肥大化させたGUCCI創業者ファミリーの男たち。そこへ野心家のわきまえない女パトリツィアが嫁いだことから、時代に取り残されて腐りかけた名門一族の崩壊が始まる。親族同士の陰謀に裏切りに暗殺と、メディチ家さながらの泥沼スキャンダルを描いた実録ドラマだが、同時にこれは女だから、嫁だから、部外者だからという理由で、その存在を軽んじられ続けたパトリツィアの復讐譚でもある。『最後の決闘裁判』に続いて、リドリー・スコットのフェミニスト的な視点が貫かれた作品。レディー・ガガの芝居にも堂々たる貫禄が漂う。

なかざわひでゆき

なかざわひでゆき

略歴:日本大学芸術学部映画学科卒、同学部大学院卒。映画・海外ドラマのライターとしてキャリア30年。TVガイド誌やオンライン情報サイトなどを中心に幅広く執筆活動中。雑誌「スカパー!TVガイドBS+CS」(東京ニュース通信社刊)で15年続くコラム“映画女優LOVE”をはじめ各テレビガイド誌で特集記事やコラムを執筆。著書は「ホラー映画クロニクル」(扶桑社刊)、「アメリカンTVドラマ50年」(共同通信社刊)など。海外取材経験も多数。旧ソ連のモスクワ育ち。

近況:最近は今さらながらK-POPのボーイズバンドにドハマり中。一番の御贔屓はMCNDですが、NCTやTREASUREも大好き。もちろんBLACK PINKとかITZYとかEVERGLOWとかガールズにも夢中です。

サイト: http://eiga3mai.exblog.jp/

なかざわひでゆきさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT