ADVERTISEMENT

軍人の妻でも特別視しない、人間ドラマの旨み

2022年5月18日 相馬 学 シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~

 軍人の妻の特異性にドラマを見出す――愛する者の死の不安は、これまで多くの映画で描かれてきたが、ベタなメロドラマに走らないのがいい。

 それを可能にしたのは、家族と生きる普通の人妻の部分に重きを置いた作り手の視点。子どもの世話に追われるだけでなく、ママ友同士の関係には性格の不一致もあれば、気楽にエロ話をかわせる間柄もある。そんな一般性と、特異性の微妙なバランスが取れているから、本作は素直に夢中になれるのだろう。

 彼女たちのストレスのはけ口は言うまでもなく歌だが、そのカタルシスが名曲とともに観る者の心にもしっかり浸透する。庶民派カッタネオ監督のイイ仕事。

相馬 学

相馬 学

略歴:アクションとスリラーが大好物のフリーライター。『DVD&ブルーレイでーた』『SCREEN』『Audition』『SPA!』等の雑誌や、ネット媒体、劇場パンフレット等でお仕事中。

近況:『ゴーストバスターズ アフターライフ』『ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ』『アイス・ロード』『マリグナント 狂暴な悪夢』他の劇場パンフレットに寄稿。布袋寅泰への取材をはじめ、最近は映画絡みで音楽アーティストに話を訊くことが多くなりました。

相馬 学さんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT