ADVERTISEMENT

マーベルに先行されていたDCが反撃スタート!

2017年11月21日 山縣みどり ジャスティス・リーグ ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ジャスティス・リーグ

マーベル派かDC派かは好みが分かれるが、私自身はDC派なので「待ってました!」の1本。レナード・コーエンの名曲が流れるオープニングでスーパーマン亡き後の地球の不穏な雰囲気を伝え、DCヒーローの結集までのテンポもいい。アメコミ好き以外には馴染みのないフラッシュやアクアマンも『ワンダーウーマン』でチラと登場してるので唐突感はなし! DCものはマーベルに比べると暗めだが、エズラ・ミラー演じるフラッシュがコミック・リリーフとして大活躍。メタヒューマンの悩みや誰もが思っていたバットマンへの疑問も率直に口にする現代っ子フラッシュのスピンオフを作ってほしいと思わせた。次作への期待がふくらむ締め方もいいぞ!

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:最近、役者名を誤表記する失敗が続き、猛省しています。配給会社様や読者様からの指摘を受けるまで気づかない不始末ぶりで、本当に申し訳ありません。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

ADVERTISEMENT