シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジョン・ウーだから、あたりまえ!

  • マンハント
    ★★★★★

    男が抱かれたい男から、“撃たれたい(斬られたい)男”に。これまで観たことのない福山雅治の展示会状態である。それもそのはず、『SCOOP!』での最大の弱点だった監督が躊躇してる感が一切みえないのだ。ジョン・ウーだから、あたりまえ! そんな監督と演者のガチな関係が見えてくるからこそ、これでもかと畳みかけるアクションシーンの完成度も高い。ジョン・ウーだから、あたりまえ! もちろん、鳩もバイクもジェットスキーまでも飛び、BLっぽさも見え隠れ。もちろんジョン・ウーだから、あたりまえ!『頭文字D/THE MOVIE』『東京攻略』とともに、日本ロケしたギャガ配給の香港映画として語り継ぎたい一本である。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『サイバー・ミッション』『ギャングース』『あの頃、君を追いかけた』『妻の愛、娘の時』『リグレッション』『ブレイン・ゲーム』『香港製造/メイド・イン・ホンコン』『榎田貿易堂』『ボス・ベイビー』『友罪』『フューチャーワールド』『聖なるもの』『カンフー・ヨガ』『星くず兄弟の新たな伝説』『風の色』『マンハント』『犬猿』『チェリーボーイズ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「究極決定版 映画秘宝オールタイム・ベスト10」のほか、「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか、「CREA WEB」にて笠松将、「TV LIFE」にて葵わかなインタビュー記事などが掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク