シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

突飛な設定+クラシックな感覚の妙味

  • ボス・ベイビー
    ★★★★★

    冒頭から流れる曲が、フレッド・アステアが歌う「チーク・トゥ・チーク」。『カイロの紫のバラ』などにも使われたバージョンで、どこかクラシックに回帰するような作り手の姿勢はキャラクターや美術にも満ち、全体に懐かしい風合い。それゆえにオッサンの姿で誕生した赤ちゃんという突飛な設定も、すんなり受け入れられる。この世に誕生する前の「選別システム」など非現実的な楽しいシーンも多いが、「子供にしか見えない世界が真実」というシニカルなテーマも隠れている妙味。世のオッサンたちが、じつは赤ん坊のように自分本位で身勝手な部分も多いという裏読みも可能だ。これが女性キャラなら……と考えながら観ると、さらに想像力が広がる。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 12月はマカオ国際映画祭へ。窪田正孝のコアなファンが意外に多く、中国の内地から来た人も。日本ではまだ観られそうにないウィレム・デフォーの「ライトハウス」が強烈なインパクトでした。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク