シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

何度も思い返しては、幸せな気分に浸ってしまう

  • グリーンブック
    ★★★★★

    価値観も思惑も、人生の目標も真逆の2人のロードムービーは、『レインマン』など「定番」な作りだが、両者に深まる絆にここまで感情移入させる映画を観たことはない。

    社会的に「差別する」側だが性格は野卑で自己中心的なイタリア系と、「差別される」側だがインテリで育ちがいいアフリカ系というコントラストをうまく使った、行く先々でのエピソード。その積み重なりの、心地よさよ!

    監督らしい笑えるネタ、ミュージシャンの物語ということで音楽の絶大な効果、主演2人の奇跡レベルの掛け合い、そして時代を超える多様性のテーマ…。これらの美しき化学反応で、観た後、何度も思い返し、この映画に出会えた幸せを噛みしめている。

⇒映画短評の見方

斉藤 博昭

斉藤 博昭

略歴: 1963年神奈川県藤沢市生まれ。高校時代は映画研究部に所属。1997年よりフリーランスのライターとして映画誌、女性誌、情報誌、劇場パンフレット、映画サイトなどさまざまな媒体に映画レビュー、インタビュー記事を寄稿。得意ジャンルはアクション、ミュージカル。最も影響を受けているのはイギリス作品です。Yahoo!ニュースでコラムを随時更新中。

近況: 久しぶりに日本映画の撮影現場に通っている、2019年の年明け。いろいろな意味で物議を呼びそうな作品でもあります。

サイト: https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/

» 斉藤 博昭 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク