シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

多様な時代の男女の愛って……

  • 愛がなんだ
    ★★★★

    原作との相性に加え、
    クズ男が抜群に似合う成田凌 &”浮世離れした美人”(by「まんぷく」)に狂気を感じる岸井ゆきのというドンピシャなキャスティングを得て、今泉力哉監督の真骨頂が発揮されている。
    男女のミニマムな世界を描きながら、人間のどーしようも無い性と愛らしさを引き出せるのは、この普遍的なテーマを追究し深く人間を見つめてきたからこそ。
    ”日本のホン・サンス”の面目躍如だ。
    それにしても、「きのう何食べた?」など多様な恋愛劇が台頭してきた影響か。
    我々は日頃いかに男であること、女であることに甘え、相手を思いやる気持ちを忘れがちか。
    そんな恋愛の本質と合わせて、時代性をも考えさせられるのだ。

⇒映画短評の見方

中山 治美

中山 治美

略歴: 茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。週刊女性、GISELe、日本映画navi、goo映画、スカイパーフェクトTV(ぴあ)、朝日新聞webサイトおしごと博物館内で「おしごとシアター」などで執筆中。いつの間にやら映画祭を回るのがライフワークとなっている。お気に入りはオランダ・ロッテルダム国際映画祭とスペインのサンセバスチャン国際映画祭。

近況: 本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)、DVDマガジン「石原裕次郎シアター」(朝日新聞社)が発売中デス。

サイト: https://www.oshihaku.jp/series/00007

» 中山 治美 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク