シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

欲張りすぎな感じもあるが、バランスの取れた効果的な映画

  • 1作目の大成功を受けて、予算アップしたのが明らか。ペニーワイズも前になかったふうな形の変え方をするし、クリーチャーもたっぷり出てくるが、それらが出て来る前、友人たちが再会するあたりの、映画のはじめのほうも、もう十分怖い。彼らがあの出来事から大きなトラウマを受け、その影響が今もどれほどあるのかをしっかり描いていることが、このホラー映画に人間ドラマと心理スリラーの層も与えている。それを見事に表現するのが、実力派揃いのキャスト。ちょっと欲張りすぎな感は否めないし、これだけの上映時間が必要だったのかどうかも疑問だが、全体的にバランスの取れた効果的な映画だと思う。

⇒映画短評の見方

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴: 東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

» 猿渡 由紀 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク