勇気と覚悟と未来と希望と

2020年3月5日 村松 健太郎 Fukushima 50(フクシマフィフティ) ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
Fukushima 50(フクシマフィフティ)

あの日のあの時から始まる物語。正面から本当のことだけを描くことに挑み、異常な程の臨場感を創り上げています。そのため見るのがつらい人もいるでしょう。だから、気軽に薦めることを躊躇してしまいます。それでもやはりこの映画は見て欲しいという思いが強くあります。作り手の覚悟、演じ手の勇気を感じることができる映画です。未来について考えることができる映画です。希望を感じることができる映画です。佐藤浩市と渡辺謙の事故を風化させない、未来へのステップにするという強い気持ちを込めた熱演が作品を引っ張ります。

村松 健太郎

村松 健太郎

略歴:脳梗塞で死にかけ、今は杖片手に早めの余生。一応映画文筆家。Web中心に村松健太郎の名前で書いてます。どうぞごひいきに。

近況:新たに短評を担当させていただきますお一人でも映画館に行こうという気持ちになっていただけるように精一杯やらせていただきます。

サイト: https://www.instagram.com/kentaroumuramatsu_osonerampo/?hl=ja

村松 健太郎さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]