才能は世間に認められてこそで、俺基準は切ないよ。

2014年5月29日 山縣みどり インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

歌唱力や演技力、色彩感覚といった芸術的才能は数値では表せない。でもそれが影響力を持つ第三者に認められた途端に価値がつき、金銭というわかりやすい数字で判断される。この映画は世間に才能を認めさせようと必死にあえぐシンガーを主人公に据え、彼の涙ぐましいダメダメ人生をリアルに切り取る。宿無しで、女性を妊娠させて大慌てし、日銭欲しさにヒット曲の印税を逃し、音楽にこだわるあまり時代の波にも乗り遅れ……。人生vs俺の結果はこてんぱん。次に何が起こるのかわからない展開はコーエン兄弟らしいのだが、見終わったときの切なさたるや。オスカ―・アイザック演じるルーウィンの歌が魂の叫びっぽく心に沁みるからなおさらね。

山縣みどり

山縣みどり

略歴:雑誌編集者からフリーに転身。インタビューや映画評を中心にファッション&ゴシップまで幅広く執筆。

近況:リオ五輪に向けて、イケメンなアスリートを探す仕事をオファーされてしまった。最近はモデル活動してるアスリートも多いのにびっくり。

山縣みどりさんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]