今まで埋もれていた最高のお宝

2021年5月8日 猿渡 由紀 アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン ★★★★★ ★★★★★

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン

およそ40年前に撮影されていた今作がアメリカで公開されたのは、アレサ・フランクリンが亡くなった後の2019年。彼女の並外れた才能を今一度体感するのに、これほどぴったりの作品はない。2日間にわたり、L.A.の教会で一般観客を入れて行われたライブレコーディングは、とにかく熱気に満ちていて、スクリーンを通しても興奮がガンガン伝わってくる。撮影されたのが黒人公民権運動の真っ最中だったということもまた、内面的なエネルギーをプラスする(プロデューサーにはスパイク・リーも名を連ねる)。映画として完璧とはいえないかもしれないが、それも逆にナチュラリスティックで正直な雰囲気を与えているといえる。

猿渡 由紀

猿渡 由紀

略歴:東京の出版社にて、月刊女性誌の映画担当編集者を務めた後、渡米。L.A.をベースに、ハリウッドスターのインタビュー、撮影現場レポート、ハリウッド業界コラムなどを、日本の雑誌、新聞、ウェブサイトに寄稿する映画ジャーナリスト。映画と同じくらい、ヨガと猫を愛する。

近況:

猿渡 由紀さんの最近の映画短評

もっと見る

[PR]