シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

自主映画界の現状…東日本大震災の影響、制作費の減少 海外の映画祭で訴え(1/2)

自主映画界の現状…東日本大震災の影響、制作費の減少 海外の映画祭で訴え
篠崎誠監督、市山尚三氏、塚本晋也監督

 スペインで開催中の第63回サンセバスチャン国際映画祭でこのほど、特集上映「ニュージャパニーズ・インディペンデント・シネマ2000ー2015」の会見が行われ、作品選定を行った東京フィルメックス・プログラムディレクターであり映画プロデューサーの市山尚三氏と、上映作品『六月の蛇』の塚本晋也監督、『SHARING』の篠崎誠監督が登壇した。

■自主制作映画の今

 日本特集は1998年の成瀬巳喜男監督、2008年のフィルム・ノワール、2013年の大島渚監督に続いて4回目。今回は黒沢清監督、河瀬直美監督ら国際舞台で活躍している監督たちがいずれも自主映画出身であり、かつデジタル時代となって新鋭たちが続々と誕生していることに着目し、日本映画史における一つのムーブメントとして考察しようと、2000年以降製作の35作品が上映されている。

 その中には、2012年に死去した若松孝二監督の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』も。若松監督は2008年の特集で『新宿マッド』が上映された際に現地入りし、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』の上映も熱望したが、当時は上映枠がいっぱいでかなわなかった。若松監督は天国から見守ることになったが、実に8年越しでの実現となった。

 市山氏は冒頭で、「この特集を企画していただき、日本の映画人が皆、感謝していたことをお伝えしたいと思います。この15年でDVDの売り上げが減少し、日本の自主映画界はかなりの打撃を受け、いかに製作費を抑えて作るか? に集中してきました。そうした中、海外の歴史ある映画祭で紹介されて勇気付けられ、また多くの日本人に関心を持たせることができると思います」と謝辞を述べた。

 続けて「自主映画」の定義について、「映画作家たちが自分で責任を持って映画を作ること」と説明する。ただし今回は「プロデューサーが資金を集めたものや、製作費が1億円近いものもありますが、作家が自分のやりたい企画を実現したもの、テーマ性を持った作品を基準に選びました」として、製作委員会方式で製作された吉田大八監督の『桐島、部活やめるってよ』なども選ばれている。

■東日本大震災が与えた影響

 バブル崩壊後となる2000年以降の作品は経済危機に家庭崩壊と閉塞(へいそく)感のある社会を如実に反映した作品が多いが、中でも重要視したのが2011年3月11日に発生した東日本大震災以降に製作された作品だという。市山氏は「震災は日本社会だけでなく自主映画監督たちにとっても大きな事件で、それによって優れた作品が生まれたのも事実です」と解説した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 26日
  5. 自主映画界の現状…東日本大震災の影響、制作費の減少 海外の映画祭で訴え