シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ウォン・ジョン」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全2件)

誰がための日々
介護うつになった青年と家族の行く末を描いた香港発の人間ドラマ。家族の介護や心の病に対する周囲の偏見など、現代社会の問題を映し出す。撮影当時20代だったウォン・ジョン...
2019年2月2日公開
反則王
韓国で2000年2月に公開され、公開1週目で観客動員数1位を記録。その後も人気は衰えず、同年の大ヒット作『JSA』に次ぐ年間2位の大ヒットとなったプロレス・エンターテインメ...
2001年8月11日公開

特集・連載記事 (全1件)

【映画で何ができるのか】激震の雨傘運動、中国返還20周年…香港映画界の今
!日本・香港インディペンデント映画祭 今年4月、東京・テアトル新宿で第一回日本・香港インディペンデント映画祭が開催されました。香港といえば、カンフーにコメディー、フ...賞するなど各国の映画祭で話題になっているウォン・ジョン監督の『一念無明』を筆頭に、人間ドラマで...
2017年6月1日掲載

映画ニュース (全8件)

中華圏の映画界に引っ張りだこの日本人作曲家
中華圏のアカデミー賞こと第53回台湾金馬奨で新人監督賞を受賞するなど国内外で高い評価を受けた香港映画『誰がための日々』が公開中だ。音楽を担当したのは香港在住の波多...ていたと思います」 『誰がための日々』のウォン・ジョン監督とも、先に挙げた『グッド・テイク!』...
2019年2月13日掲載
介護、うつなど香港社会を反映した『誰がための日々』が公開
2017年に開催された第12回大阪アジアン映画祭で最優秀作品賞を受賞するなど国内外で話題を呼んだ香港映画『誰がための日々』が、2月2日に待望の劇場公開を果たす。 撮影当時...若干27歳で初長編作だったウォン・ジョン監督は、本作で中華圏のアカデミー賞こと第...
2019年2月1日掲載
伊映画祭に続きニューヨークでも!香港の名脇役エリック・ツァンに生涯功労賞
第16回ニューヨーク・アジア映画祭で上映された映画『マッド・ワールド(英題) / Mad World』について、同映画祭で生涯功労賞を受賞した香港の名脇役エリック・ツァンが、...見や誤解に悩まされていくという物語。新鋭ウォン・ジョン監督がメガホンを取り、エリックは香港電影...
2017年7月20日掲載
返還前の香港の姿がよみがえる!『メイド・イン・ホンコン』4Kデジタル修復版が完成
中国出身のフルーツ・チャン監督の出世作『メイド・イン・ホンコン』(1997)の4Kデジタル修復版がこのほど完成し、イタリアで開催された第19回ウディネ・ファーイースト映...ワイ監督『グランド・マスター』(2013) ●ウォン・ジョン監督『一念無明』(香港) *第12回大阪アジ...
2017年5月11日掲載
“香港の名バイプレイヤー”エリック・ツァン、伊映画祭から生涯功労賞!
映画『ラヴソング』や『インファナル・アフェア』シリーズで知られる香港俳優&監督のエリック・ツァンに、このほどイタリアで開催された第19回ウディネ・ファーイースト映画...の新鋭コンビ、フローレンス・チャン脚本&ウォン・ジョン監督の才能に惚れ込み、ノーギャラで出演し...
2017年5月8日掲載
生田斗真主演作、伊映画祭で2冠の栄誉!
イタリアで開催された第19回ウディネ・ファーイースト映画祭の受賞結果がこのほど発表になり、生田斗真主演『彼らが本気で編むときは、』(荻上直子監督)が観客賞の1位と、...観客賞】(インターネット投票による賞) ウォン・ジョン監督『一念無明』(香港) *第12回大阪アジ...
2017年5月8日掲載
香港映画がきてる!良質作品で映画祭を席巻 - 第12回大阪アジアン映画祭
第12回大阪アジアン映画祭の受賞結果が11日、発表された。最優秀作品賞にあたるグランプリ発表時、審査委員のホー・ユーハン監督(マレーシア)が「グランプリは……『ラ・ラ...った珍事を再現する一幕があった。続いて、ウォン・ジョン監督『一念無明』(香港)を正式発表し、大...
2017年3月13日掲載
「奇皇后」チ・チャンウク、歴史歪曲問題は「率直に心配」<韓国JPICTURES>
[韓国 24日 JPICTURES]10月24日、ソウル龍山(ヨンサン)区のグランド ハイアット ソウルで行われたMBC新月火ドラマ「奇皇后」製作発表会で、チ・チャンウクがドラマを取...、キム・ヨンホ、キム・ジョンヒョン、イ・ウォンジョン、ユン・アジョンらが出演する。韓国で28日...
2013年10月25日掲載