シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「マリア・ボネヴィー」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全4件)

リンドグレーン
「長くつ下のピッピ」などで知られるスウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーンの伝記ドラマ。若いころの彼女が歩んだ激動の半生が描かれる。メガホンを取るのは『愛...
2019年12月7日公開
真夜中のゆりかご
第83回アカデミー賞外国語映画賞受賞作『未来を生きる君たちへ』のスサンネ・ビア監督と脚本家アナス・トマス・イェンセンのコンビによるサスペンス。妻子と幸せな日々を過...
2015年5月15日公開
ヴェラの祈り
『父、帰る』で第60回ベネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したアンドレイ・ズビャギンツェフ監督による人間ドラマ。ウィリアム・サロイヤンの長編小説をベースに、別の男の子...した。また、妻を『恋に落ちる確率』などのマリア・ボネヴィーが演じる。 ひと夏を過ごすため、アレック...
2014年12月20日公開

特集・連載記事 (全2件)

【今月の5つ星】第72回:『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』『真夜中のゆりかご』『駆込み女と駆出し男』『チャッピー』『サンドラの週末』
!今月の5つ星 『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督最新作『チャッピー』、「パトレイバー」実写版シリーズ完結編となる『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』、...ライ・コスター=ワルドー)とその妻アナ(マリア・ボネヴィー)の試練が描かれる。ショックのあまり、ア...
2015年5月15日掲載
【第60回カンヌ国際映画祭】第60回カンヌ国際映画祭 コンペ作品のここに注目!
60回目を迎えるカンヌ国際映画祭が5月16日から27日(現地時間)まで開催されます。審査委員長には、イギリス人監督として初めて審査委員長を務める『クィーン』のスティーヴン...ラヴロネンコ、アレクサンダー・バルエフ、マリア・ボネヴィー ここに注目! 初監督作品『父、帰る』で、...
2007年5月15日掲載