シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「伊東英朗」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全2件)

放射線を浴びたX年後2
終戦直後の1946年から1962年にわたってアメリカが行った太平洋上での核実験について、日本への影響を取材した前作の第2弾となるドキュメンタリー。「第五福竜丸事件」を調査...などを解明していく。監督は、前作と同じく伊東英朗。漁船員の記録や外務省と厚生労働省が発表...
2015年11月21日公開
放射線を浴びた[X年後]
2012年に日本テレビ系「NNNドキュメント'12」で放送された「放射線を浴びたX年後」に、新しい映像を追加した劇場版。アメリカが1954年に行ったマーシャル諸島ビキニ環礁での...
2012年9月15日公開

映画ニュース (全5件)

【映画で何ができるのか】ヤクザ、死刑囚えん罪、水爆実験被害…テレビ局が制作する骨太映画の狙いとは
大作映画で劇場が埋め尽くされる年末年始。そんな中、果敢にタブーに切り込んだ4作品がミニシアターで気を吐いている。 米国が行った水爆実験の真相に迫る『放射線を浴びた...から。偏見もあったのかもしれません。 ![伊東英朗監督](5.jpg "伊東英朗監督 愛媛の町立幼稚...
2016年1月26日掲載
漁師の父の死の真相を追ってたどり着いた、米核実験被ばくの規模に驚愕『X年後2』
戦後にアメリカが100回以上行った太平洋上の核実験で、被ばくが疑われるも、闇に葬られた日本の漁船乗組員たちの現実を追うドキュメンタリー第2弾『放射線を浴びたX年後2』...画美学校で行われ、事件を12年間追い続ける伊東英朗監督と、本作の中心人物・川口美砂さんが登...
2015年11月12日掲載
「X年後」のタイトルに込めた意味…社会派ドキュメンタリー監督が反響の少なさを嘆く
複雑な問題の絡み合う「今」という時代を考えるヒントになるドキュメンタリー作を集めた映画特集「夏の終わりの自由研究−繋がっていく面白さ、映画に学ぶ2週間−」のオープ...監督作『ヒバクシャ 世界の終わりに』と、伊東英朗監督作『放射線を浴びた[X年後]』が渋谷...
2013年8月24日掲載
大林宣彦監督、3.11が大きな転機…映画『放射線を浴びた[X年後]』にエール。
16日、東京ポレポレ東中野で公開中のドキュメンタリー映画『放射線を浴びた[X年後]』の舞台あいさつに伊東英朗監督が出席し、普段から親交の深い大林宣彦監督をゲストに迎え...
2012年9月16日掲載
58年前の水爆実験が日本に与えた被害の真実…『~放射線を浴びた~X年後』公開決定
1954年にアメリカがマーシャル諸島で行った水爆実験により日本が受けた被害の真相に迫ったドキュメンタリー映画『~放射線を浴びた~X年後』が、9月15日より劇場公開される...文書の存在も明らかに……。メガホンを取った伊東英朗監督は、東日本大震災以降の日本と「ビキニ...
2012年7月31日掲載