シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「土井敏邦」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全6件)

福島は語る
『飯舘村 放射能と帰村』などの土井敏邦が監督を担当し、福島第一原子力発電所事故の被災者たちに迫るドキュメンタリー。100人以上の証言者の中から、母親や農業従事者、仮...
2019年3月2日公開
“記憶”と生きる
日韓などの間で取り沙汰されている慰安婦たちをめぐるドキュメンタリー。元慰安婦たちが共同生活を送っている施設「ナヌムの家」への取材を敢行し、彼女らの日々の暮らしを...ビルマ人』『飯舘村 放射能と帰村』などの土井敏邦。 元慰安婦たちが共同生活を営む住居施設...
2015年7月4日公開
飯舘村 放射能と帰村
東日本大震災によって事故が起きた福島第一原子力発電所から、30キロ以上離れていながら計画的避難区域となった飯舘村の住人たちを取材したドキュメンタリー。帰村のめども...”を生きる』などの監督・ジャーナリストの土井敏邦。飯舘村の家族の葛藤と思いが胸に突き刺さ...
2013年5月4日公開

特集・連載記事 (全1件)

東日本大震災、復興への道─映画で観るそれぞれの思い
!生活を取り戻すべく活動する人々 :日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会センター事業団") 2011年3月11日の東日本大震災から8年が過ぎようとしていますが、被災地...(公開中) 『飯舘村 放射能と帰村』などの土井敏邦が監督を担当し、福島第一原子力発電所事故...
2019年3月7日掲載

映画ニュース (全5件)

「難民映画祭」が今年で8年目!難民問題への認識向上を目指す
難民問題への認識向上を目指し、国内外問わず「難民」をテーマにした作品を無料で上映する国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所主催の「第8回UNHCR難民映画祭」が9月28日...年よりパレスチナなどを取材してきた日本の土井敏邦監督がメガホンを取る映画『異国に生きる...
2013年7月3日掲載
原発事故での家族離散を描いたドキュメンタリーが満員の初日…出演者も「皆さんに会いたい」と心境を吐露
4日、新宿K's cinemaでドキュメンタリー映画『飯舘村 放射能と帰村』が初日を迎え、満席の観客の前で舞台あいさつが行われた。 福島第一原発から、30キロ以上離れていながら...故郷や家族への思いを、『“私”を生きる』の土井敏邦監督が描き出す。 この日は、本作に出演す...
2013年5月4日掲載
東北の人を助けたいと思うのに時間はかからなかった…ビルマ人青年の思い
30日、ドキュメンタリー映画『異国に生きる 日本の中のビルマ人』初日舞台あいさつがポレポレ東中野にて行われ、土井敏邦監督と出演者のチョウチョウソー氏が登壇した。 軍...
2013年3月30日掲載
「君が代」不起立訴訟の原告・根津公子さん、「裁判に負けたことは新たな出発」
18日、現代の教育現場に迫ったドキュメンタリー映画『“私”を生きる』の舞台あいさつがオーディトリウム渋谷で行われ、本作にも出演している「君が代」不起立処分取消し訴訟...で敗訴した原告の根津公子さんと、土井敏邦監督が登壇し、今後も戦う意向を示した。...
2012年1月18日掲載
『靖国』上映中止の背景は政治的圧力…表現者らが今日、緊急会見
5月からの一部上映が決まったものの、当初の予定であった4月12日の公開を中止せざるを得なかった映画『靖国 YASUKUNI』が置かれている現在の状況について、ジャーナリストや...びかけ人代表となったのはジャーナリストの土井敏邦、綿井健陽、映画プロデューサー安岡卓治。...
2008年4月10日掲載