ウエンツの鬼太郎、前作より頼もしくなって、よりダークに!撮影現場公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
父さん、パワーアップしたよ!(『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』場面写真より) - (C) 2008「ゲゲゲの鬼太郎」フィルムパートナーズ

 昨年のGWに公開され、興行収入が20億円を超えるヒットとなった実写映画版『ゲゲゲの鬼太郎』。あれから1年、装いも新たに第2弾の映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』が製作されることとなり、撮影現場が公開された。

 折しも、今年はテレビアニメ版「ゲゲゲの鬼太郎」が40周年を迎えたことから、現在、昼間には「ゲゲゲの鬼太郎」、そして深夜には、シリーズの原点に立ち返ったテレビアニメ「墓場鬼太郎」の2本のテレビアニメが放映されるなど、“鬼太郎YEAR”として盛り上がりを見せている。

 『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』には、ウエンツ瑛士田中麗奈大泉洋間寛平室井滋ら主要キャストが再集結したほか、緒形拳寺島しのぶ萩原聖人佐野史郎笹野高史といったベテラン演技派俳優が新たに参加。ヒロインには、先日行われた第31回日本アカデミー賞にて優秀新人賞を受賞した、北乃きいが決定。そして、物語の鍵を握る妖怪・夜叉には、韓国の有名俳優がキャスティングされ日本デビューを飾る。人間と妖怪の許されざる恋が招いた悲劇をめぐって、前作よりさらにダークでアクション性の高いストーリーが展開するという。

[PR]

 現在、スタジオには遊園地のアトラクションのような巨大洞窟(どうくつ)セットが組まれ、撮影は順調に進んでいるとのこと。まるで迷路のようつながれたセットに、初めて足を踏み入れたウエンツらキャスト一同は「面白い!」とセット見学ならぬ探検に興じたという。

 残念ながら、この日はキャストの撮影風景を見学することはできなかったが、すれ違ったウエンツは、おなじみのちゃんちゃんこ姿をすでに自分のものとしており、違和感ゼロ。すっかり鬼太郎モードに切り替わっているようだった。

 撮影の合間を縫って取材に応じた本木克英監督も、「手探りだった前作に比べて、主役としての風格も出てきたし、頼もしくなった。どう演じるかではなく、すでに役柄の追求に入っている」とウエンツを大絶賛。全幅の信頼を寄せる本木監督の話からも、前作より格段と成長をとげた鬼太郎の姿が期待できそうだ。

映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』は7月12日より全国公開。

関連記事:実写版『ゲゲゲの鬼太郎』新作のヒロインは17歳の北乃きいに決定!
関連記事:京極夏彦、鼻息荒く鬼太郎アピール!なのに、目玉のおやじにゴメンナサイ?
関連記事:2000人がびっくり!鬼太郎ウエンツいきなり鳥取に現れる!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]