助演男優賞を受賞したハビエル・バルデムが、壇上からスペイン語で母に語りかけた言葉の中身は?

第80回アカデミー賞

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
壇上から母への感謝を述べるハビエル・バルデム - (C) A.M.P.A.S.

 映画『ノーカントリー』でおかっぱ頭の、冷酷な殺人鬼にふんし、第80回アカデミー賞で見事助演男優賞に輝いたハビエル・バルデム。スペイン人の俳優が、オスカーを受賞するのはアカデミー賞史上初の快挙。壇上に上がったハビエルは、英語で監督や共演者に感謝の気持ちを述べた後、客席の母親に向かってスペイン語で語りかけた。

 同時通訳もなかったため、スピーチ後は司会者のジョン・スチュワートから「今、図書館はどこ?」って聞いたんだよね? とちゃかされる場面もあったが、実際にハビエルが母に向かってスペイン語で語りかけた内容は以下の通りだ。

 「スペイン語で失礼するね。ママ、この賞はあなたのためのものだよ。この賞は、あなたの孫たち、そしてあなたの両親たちのものなんだ。わたしたちの職業に尊厳と誇りを運んでくれたママのような、すべてのスペインのコメディアンのものだよ(ハビエルの母は、有名なスペインの女優ピラル・バルデム)。この賞はスペインの、そしてあなたのための賞だから」

[PR]

 息子からの愛にあふれたメッセージに泣き崩れたピラルは、壇上の息子に向かっていつまでも拍手を送っていた。

関連記事:アカデミー賞受賞数ランキング!1位『ノーカントリー』
関連記事:アカデミー賞、作品賞は4冠達成の『ノーカントリー』!
関連記事:『ノーカントリー』『ジュノ』、全米脚本家協会賞を受賞
{link text="関連記事:直撃インタビュー!『ノーカントリー』のハビエルは「おかっぱのヅラに涙目だった!」"url="http://cinematoday.jp/page/N0012805"}
関連記事:全米プロデューサー協会賞で作品賞を受賞
関連記事:コーエン兄弟、『ノーカントリー』で全米監督協会賞受賞
関連記事:SAG賞発表!「ノーカントリー」次はオスカー?「ザ・ソプラノズ」テレビ部門を総なめ
関連記事:アカデミー賞ノミネート、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞含む全リスト

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]