ロバート・レッドフォード、危機に瀕した河を心配

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ロバート・レッドフォード - Joe Kohen / wireimage.com

 ロバート・レッドフォードが、干ばつによって日照りの危機にあるコロラド州の河川についてコメントした。ガーディアン・オンラインによると、レッドフォードは電話インタビューで「河は危機に瀕している。異常な干ばつでスケールも小さくなり、それは南西方向に広がりつつある。科学者の中には、この干ばつが22世紀まで続くと言う者もいるんだ」とコメント。コロラド州では、今後13年間で、気候変化と水の需要の拡大によってパウエル湖とミード湖が干上がってしまうと予測されている。レッドフォードは、この問題に取り組んだ映画『グランド・キャニオン・アドベンチャー:リバー・アット・リスク 3D』(原題)のナレーションを務め、人々の喚起をうながしている。

関連記事:ロバート・レッドフォード、アパラチア旅行記を映画化か?
関連記事:ロバート・レッドフォード、ジャッキー・ロビンソンの伝記映画へ出演
関連記事:ロバート・レッドフォード、サンダンス映画祭の趣旨を改めて語る

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]