ブレット・ラトナー、エディ・マーフィ版『縮みゆく人間』を監督か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブレット・ラトナー - Jeffrey Mayer / wireimage.com

 『ラッシュアワー』シリーズのブレット・ラトナー監督が、ユニヴァーサル・ピクチャーズとイマジン・エンターテイメントによる新作『ジ・インクレディブル・シュリンキング・マン』(原題)の監督として交渉中であるとハリウッド・レポーター紙が伝えた。エディ・マーフィの主演が決まっている同作は、1957年にジャック・アーノルド監督によって映画化されているリチャード・マシスンのSF小説「縮みゆく人間」の再映画化で、今回は原作のサスペンスタッチからマーフィのユーモアを生かしたコメディ風のストーリー展開となる。物語は、ラスベガスの有名マジシャンが突然体が縮まる魔法をかけられてしまって焦る様を描くコミカルな内容で、ブライアン・グレイザーがプロデュースする。

 クリス・タッカーの持ち味を生かした映画『ラッシュアワー』シリーズで成功を収めたラトナー監督と、タッカーと同じく「サタデー・ナイト・ライブ」出身のマーフィがコンビを組めば成功間違いなしではないだろうか。

【関連記事】ブレット・ラトナーとクリス・タッカー、シナトラの召使いの物語で再びタッグを組む
【関連記事】ジェラルド・バトラー、主演が決まっていたリメイク映画を降板
【関連記事】シェカール・カプール、故アンソニー・ミンゲラ監督の遺作を監督

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]