スティーヴン・スピルバーグ監督、リンカーン映画に3度目の願いを託す?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
スティーヴン・スピルバーグ

 アメリカの第16代大統領、エイブラハム・リンカーンの姿を描く映画に、スティーヴン・スピルバーグ監督がいよいよ着手する気のようだ。スピルバーグ監督が最初にリンカーン大統領の映画に興味を持ったのは7年前のこと。当時、『マイノリティ・リポート』や『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』などの作品を抱えていたスピルバーグ監督は、スケジュールの都合で製作を断念した。さらに3年前の2005年には、リーアム・ニーソン主演でいよいよ製作に着手、という話が出たが、これもまた『宇宙戦争』や、まもなく公開となる『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』のスケジュールの都合で叶わなかった。スピルバーグ監督はドイツの雑誌「フォーカス」の中で、「(リンカーンの映画を)2009年の初頭には始めたい。来年はリンカーン大統領の生誕200年記念だからね」とコメント。実現すれば、当初の予定通りニーソンが主演を務めることになりそうだが、スケジュール調整の問題はまだ完全には解決しておらず、実際にスピルバーグ監督が製作に着手できるのは、今年9月に始まる映画版「タンタンの冒険旅行」の製作を終えてからになるよう。3度目の正直となるかどうか、来年に期待したい。

【関連記事】第65回ゴールデングローブ賞でスピルバーグ監督、生涯功労賞を受賞
【関連記事】スピルバーグ監督、『インディ・ジョーンズ4』のストーリーをしゃべった俳優に激怒! 出演シーンを全部カット?
【関連記事】鼻息の荒いスピルバーグの着払い電話でのオファーにムカッ!
【関連記事】スティーヴン・スピルバーグ、北京オリンピックの芸術監督を辞める?
【関連記事】スピルバーグが最新作『トランスフォーマー』を語る
【関連記事】スティーヴン・スピルバーグ監督、ヒラリー・クリントンを応援

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]