ジェラルド・バトラーとジェイミー・フォックス共演映画、監督交代

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
渋いツーショットに期待!

 先日、ジェイミー・フォックスの出演が決まり、ジェラルド・バトラーとジェイミーの共演が楽しみな新作映画『ロー・アバイディング・シチズン』(原題)。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、監督に決まっていたフランク・ダラボンに代わって映画『ミニミニ大作戦』『Be Cool/ビー・クール』のF・ゲイリー・グレイ監督がメガホンを取ることが決まったそうだ。ダラボンの降板理由は製作上の意見の相違で、彼は脚本も共同で手掛けていたがプロデューサーたちと対立していた。

 映画は、妻と娘を殺した犯人のうちの一人が司法取引で無罪になり、悲しみに暮れる夫が復讐(ふくしゅう)を決意するスリラー映画で、撮影は12月からフィラデルフィアで行われる予定だ。F・ゲイリー・グレイ監督は、本作のほかに『ミニミニ大作戦』の続編映画『ザ・ブラジリアン・ジョブ』(原題)とエリック・バナ主演でフランス映画『ブルー・レクイエム』のリメイクを監督することが決まっていて期待されている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]