『クレヨンしんちゃん』原恵一監督の新作アニメに宮崎あおい、南明奈、麻生久美子が声優参加!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
宮崎あおい、南明奈、麻生久美子が原恵一監督の新作アニメに声優参加!

 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』や『河童のクゥと夏休み』で高い評価を受け日本を代表するアニメーション監督といわれている原恵一が、アニメーション大作『カラフル』を監督し、宮崎あおい南明奈ほか豪華な俳優陣が声優として同作に参加することがわかった。原作は直木賞作家・森絵都の同名小説。

 本作は、自殺をして息を引き取ったばかりの「小林真」という名の中学3年生の体に入りこみ、「小林真」として生きることになった「ぼく」という存在が主人公。生きていくことをポジティブに伝えていくこの物語は、主人公と同世代の中高生はもちろん、「かつて中学生だった」大人たちもさわやかな感動の渦に包み込む。

 このたび発表された声優陣は、冨澤風斗、宮崎あおい、南明奈、まいける入江甚儀中尾明慶藤原啓治麻生久美子高橋克実とバラエティーに富み、かつ豪華な顔ぶれ。

[PR]

 いろいろなことに悩み、自殺してしまった中学三年生小林真のクラスメート佐野唱子の声を担当する宮崎あおいは原作のファンだったため、このオファーにはうれしい反面不安もあったようだ。「自信もなかったけど、やっぱり大好きなのでどうしても参加してみたいと思い、一生懸命演じました。本当にいいお話で、自分が生きている意味とか、自分がどうして自分に生まれてきたのかとか、普段はあまり考えないことを考えさせられる作品になっていると思います」と物語のファンだからこそのアツいコメントを寄せた。

 また小林真あこがれの女の子だが、一方で援助交際をしているとのうわさがある桑原ひろかを演じた南明奈は、「主人公たちと同じ、中学生に一番観てもらいたい映画です。緊張しながらもがんばって挑戦しました」と中学生の観客にメッセージを送った。

 そして自殺した小林真の、世話焼きで心配性の母親を演じた麻生久美子は原監督の大ファンだったらしく、内容を聞く前からオファーを快諾したことを告白。そんな麻生はアフレコ初挑戦で、「初めてで何もかもが新鮮でしたが、声だけで表現するのはやはり難しかったです。今悩んでいる学生の人たち、家庭内で問題があって悩んでいる人、いろんな人に観てほしいと思います」とアフレコの難しさを実感したことを明かした。

 原監督のアニメーション作品は今までも世代を超えて感動を与えてくれた名作ぞろい。今作も夏休みに公開が予定されており、親子で感動を共有するいい機会かもしれない。

8月21日(土)より全国東宝系にて公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]